座間版 掲載号:2018年5月11日号 エリアトップへ

今村姉弟(相模が丘) エアロビック世界大会へ 決勝進出めざす

スポーツ

掲載号:2018年5月11日号

  • LINE
  • hatena
右から今村菜子さん、一歩さん=練習場の市民健康センターで(7日撮影)
右から今村菜子さん、一歩さん=練習場の市民健康センターで(7日撮影)

 相模が丘在住の今村菜子さん(麻溝台高校3年)・一歩さん(相模中学校3年)姉弟が、5月25日(金)からポルトガルで開催されるエアロビックの世界大会「FIG世界年齢別競技大会」に出場する。姉弟そろっての世界大会は初めて。決勝進出をめざし、練習に励んでいる。

 エアロビックは、アップテンポな曲に合わせてジャンプやターン、ダンスを組み合わせて演技し、その芸術性や難度を競う表現スポーツ。菜子さんは一歩さんとのミックスペア、トリオの二部門で出場。一歩さんは男子シングルを含む三部門で出場する。

悲願の大舞台

 今村姉弟は昨年11月、日本代表選考会を兼ねた「スズキジャパカップ2017第34回全日本総合エアロビック選手権大会」において、トリオ部門で優勝。また、今年1月に行われた「JOCジュニアオリンピックカップ」ではミックスペア部門で日本一に。一歩さんはシングル部門でも頂点に立ち、姉弟での世界大会出場が実現した。

 5歳から競技を始めた菜子さんにとっては初めての大舞台。「やっと出られる」と喜びつつ、「海外の選手に負けないよう、動きの一致性を高めるために練習したい。目標は決勝進出」と語る。

 「周りの選手はすごい人ばかり。気にせず自分のベストを出したい」と話す一歩さんは、2年ぶり2度目の大会出場となる。5月7日には市長表敬を行い、遠藤三紀夫市長から「姉弟でつかんだ栄冠。緊張と興奮が交錯していると思うが、一生の思い出の第一歩として頑張って」とエールが贈られた。

 姉を追いかけるように、幼稚園から競技を始めた一歩さん。菜子さんからは「技もすごいし、練習をずっと一人で黙々とやっている」と一目置かれている。そんな一歩さんは、菜子さんについて「体幹が強くて身体能力も高い」と語るように、お互いを認め合う。日本で朗報を待つ母親の清美さんは、「ぜひ決勝進出を」と期待を寄せた。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク