座間版 掲載号:2018年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

災ボラ・社協市自連 豪雨被災地へ支援を タオルなど救援物資受付

社会

 「平成30年7月豪雨」の被害を受け、ざま災害ボランティアネットワークと座間市社会福祉協議会、座間市自治会総連合会は7月20日(金)から22日(日)まで、被災地への救援物資を市社協で受け付ける。対象はハンカチ、タオル、土のう袋など。市社協での仕分け作業のボランティアも合わせて募集する。

 中国地方や九州北部、四国全域、近畿地方を襲った「平成30年7月豪雨」。7月10日現在で死者120人超と、平成最悪の水害となった。

 これを受け、同ネットワークや市社協、市自連は後方支援活動を行うことを決定。東日本大震災などの教訓を生かし、被災者が必要とする救援物資を送ることになった。

 募集する物資は、バスタオルやフェイスタオル、ハンドタオル、スポーツタオル、ハンカチ、手ぬぐい、雑巾、土のう袋またはガラ袋、未使用の2018年(平成30年)カレンダー。物資には、市内小学生のお見舞い・応援メッセージカードを添える。送り先は甚大な被害を受けた岡山県倉敷市を中心に、現在調整中。

 救援物資は、7月20日から22日、午前9時から午後7時まで市社協2階奥で受け付け。提供物資1単位につき5百円の「物資送料協力金」へ協力を。物資の仕分け作業のボランティアも募集中。当日午前8時半から受け付け、作業時間は9時半から午後5時、または午後4時から7時半。定員に達し次第募集を締め切る。問合せ・申込みは同ネットワーク・濱田政宏代表【電話】046・255・0266(【メール】zsvn_info@yahoo.co.jp)へ。

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

座間場所から3人、全国へ

わんぱく相撲

座間場所から3人、全国へ

7月13日号

子どもの交通安全守る

おやじの会ら

子どもの交通安全守る

7月6日号

買物代行など選択広がる

訪問型家事援助サービス

買物代行など選択広がる

7月6日号

激動時代の市教育史刊行

県民功労者表彰受ける

城条洋子さん(相武台)

県民功労者表彰受ける

6月29日号

ひまわり王子&王女募る

座間JC

ひまわり王子&王女募る

6月22日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

戦争と平和展

相武台公民館

戦争と平和展

高座海軍工廠の資料も

7月25日~8月19日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク