座間版 掲載号:2018年7月13日号 エリアトップへ

災ボラ・社協市自連 豪雨被災地へ支援を タオルなど救援物資受付

社会

掲載号:2018年7月13日号

  • LINE
  • hatena

 「平成30年7月豪雨」の被害を受け、ざま災害ボランティアネットワークと座間市社会福祉協議会、座間市自治会総連合会は7月20日(金)から22日(日)まで、被災地への救援物資を市社協で受け付ける。対象はハンカチ、タオル、土のう袋など。市社協での仕分け作業のボランティアも合わせて募集する。

 中国地方や九州北部、四国全域、近畿地方を襲った「平成30年7月豪雨」。7月10日現在で死者120人超と、平成最悪の水害となった。

 これを受け、同ネットワークや市社協、市自連は後方支援活動を行うことを決定。東日本大震災などの教訓を生かし、被災者が必要とする救援物資を送ることになった。

 募集する物資は、バスタオルやフェイスタオル、ハンドタオル、スポーツタオル、ハンカチ、手ぬぐい、雑巾、土のう袋またはガラ袋、未使用の2018年(平成30年)カレンダー。物資には、市内小学生のお見舞い・応援メッセージカードを添える。送り先は甚大な被害を受けた岡山県倉敷市を中心に、現在調整中。

 救援物資は、7月20日から22日、午前9時から午後7時まで市社協2階奥で受け付け。提供物資1単位につき5百円の「物資送料協力金」へ協力を。物資の仕分け作業のボランティアも募集中。当日午前8時半から受け付け、作業時間は9時半から午後5時、または午後4時から7時半。定員に達し次第募集を締め切る。問合せ・申込みは同ネットワーク・濱田政宏代表【電話】046・255・0266(【メール】zsvn_info@yahoo.co.jp)へ。

座間版のトップニュース最新6

津軽三味線で準優勝

高崎将充さんひばりが丘在住

津軽三味線で準優勝 文化

普及活動にも尽力

7月12日号

日台交流これからも

日台交流これからも 社会

台湾高座会青年部が初来日

7月12日号

意見聞き秋に素案発表

公共施設再整備

意見聞き秋に素案発表 社会

持続可能な運営目指す

7月5日号

住まい探しをサポート

住まい探しをサポート 社会

市と法人がタッグ組み

7月5日号

持続可能な社会を目指し

座間市

持続可能な社会を目指し 社会

小田急電鉄と協定締結

6月28日号

パークゴルフ場を新設

キャンプ座間返還跡地

パークゴルフ場を新設 社会

2021年4月供用開始めざす

6月28日号

バンクロフトさん3位

居合道国際大会

バンクロフトさん3位 文化

わずか半年で快挙

6月21日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

36人の作品が一堂に

36人の作品が一堂に

17日〜、ハーモニーホール

7月17日~7月22日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク