座間版 掲載号:2018年7月13日号 エリアトップへ

災ボラ・社協市自連 豪雨被災地へ支援を タオルなど救援物資受付

社会

掲載号:2018年7月13日号

  • LINE
  • hatena

 「平成30年7月豪雨」の被害を受け、ざま災害ボランティアネットワークと座間市社会福祉協議会、座間市自治会総連合会は7月20日(金)から22日(日)まで、被災地への救援物資を市社協で受け付ける。対象はハンカチ、タオル、土のう袋など。市社協での仕分け作業のボランティアも合わせて募集する。

 中国地方や九州北部、四国全域、近畿地方を襲った「平成30年7月豪雨」。7月10日現在で死者120人超と、平成最悪の水害となった。

 これを受け、同ネットワークや市社協、市自連は後方支援活動を行うことを決定。東日本大震災などの教訓を生かし、被災者が必要とする救援物資を送ることになった。

 募集する物資は、バスタオルやフェイスタオル、ハンドタオル、スポーツタオル、ハンカチ、手ぬぐい、雑巾、土のう袋またはガラ袋、未使用の2018年(平成30年)カレンダー。物資には、市内小学生のお見舞い・応援メッセージカードを添える。送り先は甚大な被害を受けた岡山県倉敷市を中心に、現在調整中。

 救援物資は、7月20日から22日、午前9時から午後7時まで市社協2階奥で受け付け。提供物資1単位につき5百円の「物資送料協力金」へ協力を。物資の仕分け作業のボランティアも募集中。当日午前8時半から受け付け、作業時間は9時半から午後5時、または午後4時から7時半。定員に達し次第募集を締め切る。問合せ・申込みは同ネットワーク・濱田政宏代表【電話】046・255・0266(【メール】zsvn_info@yahoo.co.jp)へ。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

皮膚温材料にサギ待った

皮膚温材料にサギ待った 社会

市内銀行にカメラ試験設置

1月17日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク