座間版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

井上孝二さん(栗原中央) 鈴虫に愛情注ぎ45年 独自の飼育法で大繁殖

文化

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena
木炭の性質を活用し鈴虫を飼育する井上孝二さん
木炭の性質を活用し鈴虫を飼育する井上孝二さん

 栗原中央在住の井上孝二さん(78)の自宅では、スズムシの心地よい鳴き声が響き渡る。45年前から飼育を続けており、飼育ケースに木炭を敷き詰めるようになってからは一気に繁殖したという。こだわりや飼育のコツを聞いた。

 「声に癒される。かわいいんだよ」。自宅の外に置かれた飼育ケースには、約800匹のスズムシが元気よく動き回る。

 子どもの頃から生き物が好きで、生まれ故郷・新潟県で小鳥やメダカなどを飼育してきた井上さん。45年前、旧日産自動車座間独身寮近くの商店でスズムシを購入して以来、大切に育てている。

 飼育する上で最も注意しているのが、「環境作り」だという。育て始めて3年目は全滅を経験。「なかなか増えなかった。どうやったら増えるんだろう」と試行錯誤を続け、5年前に木炭を活用した環境作りに行き着いた。

木炭で空気清浄

 土の中と地表に木炭を敷き詰める方法で、「空気がきれいになる。カビも全く生えない」。効果はてきめん。みるみる数を増やしていったという。

 野菜中心だったエサを替えたのも5年前。メダカに与えていた金魚用のエサをあげると、勢いよく食いついた。「カルシウムたっぷりだからいいかと思って。それに、隙間にもふりかけられるから、これまでエサをあまり食べられなかった弱いスズムシも、隠れて食べられるようになった」とにこやかに語る。

 おすすめなのが、風通しの良い室外での育成。「新潟の兄が室内で育てているが、鳴き声が違う」と話す。6月に孵化し、秋ごろに繁殖期を迎えるスズムシ。この時期になると、オスが羽を揺らし、鳴く様を観察することが出来る。

希望者には譲渡

 「スズムシを育ててみたい」という人には譲ってくれる。井上さんは「愛好者が増えてくれたら。飼育環境の作り方もお教えしますよ」と微笑んだ。

 問い合わせは井上さん【電話】046・256・6310。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク