厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

『たんぽぽと太陽』(文芸社)で絵本作家デビューした 吉岡 勝さん 厚木市温水在住 57歳

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena

「子どもの笑顔が見たい」

 ○…57歳で初の作品『たんぽぽと太陽』(文芸社刊)を創作。絵本作家としてデビューした。同作は、たんぽぽと太陽のやさしくもちょっぴりせつない交流を描いたファンタジー絵本。子どもの頃から自然が大好きと言い、たんぽぽから発想を得て書いた。「多くの子どもたちに見てもらい、笑顔にできたらうれしい」とはにかむ。

 ○…幼少時は体が弱く寝たきりになることも。そのときの楽しみが絵本だった。荻野小時代に学校で山田洋次監督の映画「同胞(はらから)」を鑑賞。過疎の村で青年らが劇団公演を計画し成功させるまでを描いた作品だったがすっかり感銘を受け映画に没頭。創作に憧れて日大芸術学部へ進み、東宝に就職した。しかし映画シナリオを作り応募するも採用されず、また当時世の中の映画離れもあり退職し帰郷。介護の仕事に就き、山田監督の映画の影響か偶然存在を知った相模人形芝居長谷座に入団した。「伝統芸能を披露する事でも子どもたちが喜んでくれることを知った」。そんな経験を表現する場として絵本にたどり着いた。

 ○…父が7年前に他界し、現在は母親と2人暮らし。病気がちだったせいか学生時代からずっと大人しい性格という。取材の対応からは、気配りや優しさがにじみ出る。最近登山にも出かけるそうだが、もっぱら1人で行動するとか。「気楽だから」と笑う。

 ○…今後も地元の歴史や風俗を掘り起こした作品を作っていきたいと意欲的だ。次回作は「戦時中七沢温泉にあった外国人抑留と現代のささら踊りを組み合わせた作品で、来年6月に出版したい」と構想を練る。「コロナ禍で図書館に絵本を見に来る子どもたちを多く見かける。その子らに喜んでもらえる作品をたくさん作っていきたい」

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

佐々木 安雄さん

緑ケ丘公民館50周年の記念事業実行委員長を務めた

佐々木 安雄さん

厚木市王子在住 80歳

1月21日号

伊藤 真弓さん

NPO法人ライラック心の会の理事長を務める

伊藤 真弓さん

愛川町中津在住 53歳

1月14日号

小島 圭太さん

1月1日付けで、(公社)厚木青年会議所第54代理事長に就任した

小島 圭太さん

厚木市元町在住 39歳

1月7日号

深津 彰詞さん

清川村に拠点を移した(一社)しっぽ村の代表理事を務める

深津 彰詞さん

厚木市林在住 45歳

12月17日号

のむら うこさん

最新作で第6回絵本出版賞・審査員特別賞を受賞した絵本作家

のむら うこさん

厚木市毛利台在住 45歳

12月10日号

福島 和幸さん

厚木神社での骨董市を主催する

福島 和幸さん

厚木市妻田西在住 66歳

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新政あつぎ

    意見広告

    新政あつぎ

    無所属 厚木市議会会派

    1月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook