ホーム > 座間版 > 人物風土記 > 徳丸 靜江さん

座間

第15回スカイアリーナ座間フェアの実行委員長を務める

徳丸 靜江さん

ひばりが丘在住 74歳
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

笑顔が一番

 ○…15回目の節目を迎える「スカイアリーナ座間フェア」。演技を披露する全21サークルの代表者らが集う実行委員会をまとめる。開会式では大勢の前であいさつが予定されているが、「緊張していない。出演団体の方々に楽しんでもらえればいい」とリラックスした表情で語る。自身も出演するため、観客の入りが気になる様子。「多くの観客がいると、出演者も良いパフォーマンスができる。ぜひたくさんの人に見に来てもらいたい」

 ○…結成から13年間、「ひばり鳴子隊」の代表を務めている。「初心者でも楽しみやすい」と近所の友人たちと始め、いつしかさまざまなイベントから誘いを受けるように。その舞台は国境を越え、ハワイや豪州、上海万博などでも踊りを披露してきた。74歳になる今も現役。「健康を保てているのも踊りのおかげかな。結成15周年を目標にまだまだ頑張りますよ」。メンバーたちの要望を受け、振り付けを考えるのが生きがいの1つだ。

 ○…夫と2人暮らし。小学校の時の恋を実らせ、3人の愛娘にも恵まれた。家族とともに座間市に移り住んだのは47年前。およそ半世紀近く前だが「引越しの日が私の誕生日だったのではっきり覚えている。当時は本当に何もない場所だった」と振り返る。現在、長年連れ添った夫は脳梗塞で介護が必要となった。愛する夫を支えて10年ほど。日々感じていることがある。「楽しい仲間と家族がいてくれるので、幸せ」。初恋相手への愛情が、やわらかい笑顔ににじみ出る。

 ○…友人たちからはよく「パワフルだね」と言われるという。自身でも「たしかに元気かな」と認めつつ、「いつまで踊れるかわからないけど」と弱気な発言も。体力の衰えを感じることもあるというが、それでも大切にしていることがある。「いつもニコニコ、笑顔で元気が一番」。フェア当日も溢れるパワーを観客に見せ付けるつもりだ。
 

関連記事

powered by weblio


座間版の人物風土記最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原