座間版 掲載号:2013年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

故郷、能登の祭りで使う山車「袖キリコ」の絵付けに挑戦している 宮下 吉和さん ひばりが丘在住 42歳

生粋のお祭り男

 ○…1年に1度の特別な日「小木(おぎ)袖キリコ祭り」の夜空に、ゆらゆらと輝く巨大な山車(だし)「袖キリコ」。灯篭の光で輝きながら、色鮮やかなモチーフが街を練り歩く様は、大切な原風景だ。30年が経った今、280Km離れた座間で袖キリコの絵付けに挑戦している。「故郷の小木では高齢化と過疎化が進んでいる。少しでも祭りに華を添えて、恩返しがしたかった」。9月の開催に向け、週末になるとサニープレイス座間で絵付けに励む。

 ○…故郷の「小木」は、石川県能登半島南東部に位置し、イカ漁が盛んな港町。幼い頃から自然に囲まれ、山遊びや素潜りをして遊んだ。娯楽の少ない小さな町で、一番の楽しみは祭り。2日間だけは、町中が光と熱の渦に包まれた。地元を離れても、祭りの時だけは毎年欠かさず帰郷した。「2日間、声が出なくなるまで叫ぶ。燃え尽きて、へとへとになるんだけど、不思議と日ごろ溜まったものがリセットされるんです」

 ○…製薬会社の営業マンとして、20年近いキャリアをもつ。製薬会社を志したのも、きっかけは祭りだった。19歳の時、祭りで右手の親指の第1関節を失った。激しくぶつけ合う山車の間に指を挟まれるという、一瞬の出来事だった。「もう利き手が使えないかも、という時に、ドクターや看護師さんが熱心に手当てしてくれた」。今では不自由なく筆を手にとり、絵を描くこともできる。

 ○…今では、妻と9歳になる娘とともに故郷の祭りに参加している。8歳年下の妻は絵付けのパートナーでもある。「週末を絵付け作業にあてた分、平日にしわ寄せが行く。文句も言わずに付き合ってくれる妻には感謝しきれない」。娘も妻に似て芯の通った優しい子に育っている。そんな娘が、目を輝かせて祭りを見ていると、子ども時代の自分を思い出す。「自分が幼い頃に故郷の祭りで感じた興奮を、今の子どもたちにも伝えたい」。そんな思いを胸に、一筆に力を込める。
 

座間版の人物風土記最新6件

遠藤 佳成さん

座間高の卒業生らで結成し30周年を迎える混声合唱団『全休符』の団長を務める

遠藤 佳成さん

7月27日号

弓倉 宏久さん

相模獣医師会の会長を務める

弓倉 宏久さん

7月20日号

斉藤 雄介さん

青年海外協力隊の一員としてウガンダで稲作を教えてきた

斉藤 雄介さん

7月13日号

今井 均さん

座間ロータリークラブの会長に就任した

今井 均さん

7月6日号

池脇 哲哉さん

「座間市ひばりが丘剣友会」の会長として、子どもたちを指導する

池脇 哲哉さん

6月8日号

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク