座間版 掲載号:2014年7月25日号
  • googleplus
  • LINE

8月8日に座間神社でコンサートを行うアルパ奏者 塩満 友紀さん 相模が丘在住 24歳

夢描く、若きアルピスタ

 ○…アルパはパラグライなど中南米で弾かれている、クラシックハープに似た民族楽器。その特徴について、「実際に聴いてもらった方が良いかも」と、代表曲「鐘つき鳥」を颯爽と演奏する。指で弦を弾き、時に走らせながら、リズミカルで南米らしい陽気な曲を紡いでいく。アルパは譜面がないため、同じ曲でも奏者によって雰囲気ががらりと変わるという。自身が目指すのは、父方の親戚で日本にアルパを広めた、師匠・ルシア塩満さんのような「力強い演奏」だ。

 ○…アルパに出会ったのは高校生の頃。座間で行われたルシアさんのコンサートに足を運んだ。「珍しい物好き」にとって、その音色は魅力的で、ルシアさんの主宰する教室に通うようになった。アルピスタ(=アルパ奏者)として歩むことを決めたのは大学4年生の時。兄と同じ自衛官に進む道もあった。ただ、その姿を見て、奏者と両立できないことは分かっていた。「アルパと一生付き合っていくか。一生手放すか」――。後悔しない選択はアルピスタになることだった。

 ○…名古屋の生まれで、2歳の時に座間に移り住んだ。2人の兄の影響を色濃く受けた幼少期。特に1歳上の兄が大好きで「生命共同体」と表現するほど。常に、その背中を追い続けた。水泳や体操など多くの習い事に挑戦してきたが、「兄と一緒に柔道もしたかったんです」と口をとがらせる。兄に対しては負けず嫌いな側面もあり、母の知子さんは「男の子っぽい性格。兄妹で一番強かったかもしれません」と笑う。

 ○…2013年6月から今年4月までメキシコにわたり、本場の技術を学んだ。昨年11月には全日本コンクールで金賞に輝くなど実績も残している。これからは、プロのアルピスタとして、更なる活躍が期待される。「座間ではまだ知らない人が多い楽器だと思います。パイオニアになれるよう頑張りたい」と力強く抱負を語った。

座間版の人物風土記最新6件

遠藤 佳成さん

座間高の卒業生らで結成し30周年を迎える混声合唱団『全休符』の団長を務める

遠藤 佳成さん

7月27日号

弓倉 宏久さん

相模獣医師会の会長を務める

弓倉 宏久さん

7月20日号

斉藤 雄介さん

青年海外協力隊の一員としてウガンダで稲作を教えてきた

斉藤 雄介さん

7月13日号

今井 均さん

座間ロータリークラブの会長に就任した

今井 均さん

7月6日号

池脇 哲哉さん

「座間市ひばりが丘剣友会」の会長として、子どもたちを指導する

池脇 哲哉さん

6月8日号

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク