座間版 掲載号:2014年11月21日号 エリアトップへ

11月14日のプロデビュー戦を勝利で飾ったボクサー 奥村 龍太さん 相模が丘在住 20歳

掲載号:2014年11月21日号

  • LINE
  • hatena

心優しきボクサー

 ○…デビュー戦の舞台は、ボクシングの聖地とも呼ばれる後楽園ホール。プロテストとエキシビジョンマッチに続き、3度目の後楽園だったが、試合は別物だった。緊張が吹っ切れたのはリングに上がった瞬間。家族や友人など80人近いサポーターから声援を受け、「絶対に負けられない」と覚悟を決めた。試合は、倒し、倒される激しい展開だったが、2度目のダウンを奪った時点でレフリーが試合をストップ。1ラウンド2分35秒でTKO勝ちを収め、コーナーで友人たちと喜びを爆発させた。

 ○…相模野小と相模中の出身で、小・中学生の頃は野球少年。高校でも野球部に入ったが、どこかのめり込めない自分がいて、1年で退部した。そんな時に出会ったのがボクシングだった。今も所属する相模原ヨネクラボクシングジム(相模原市南区)に見学に行くと、その魅力に取りつかれた。「ただの殴り合いとは違う、攻防一体の難しさ。相手の動きや考えを予測して戦うので、頭も使いますよ」と奥深さを嬉々と語る。プロ2戦目は未定だが、ジムに週6日通い「打たせないで打つ」という理想実現に向け、日々努力する。

 ○…両親と姉の4人暮らし。家族は、良き理解者でありサポーターだ。デビュー戦後は、「いつもは辛口」だという父親が、勝利を喜んでくれた。将来の夢について、「子どもと休日に遊んだり。平凡だけど、幸せな家庭を築きたい」と一言。ボクサーの顔とは一味違う、優しい表情で話す。

 ○…ボクシングを離れれば、友人との買い物やカラオケが何よりの気分転換だという普通の「二十歳(はたち)」。日本体育大学の体育学部・社会体育学科に通い、スポーツマネジメントなどを学ぶ。ボクシングも含め具体的な進路は決めていないが、胸に秘めた想いが1つある。それは、座間市や神奈川県に貢献できる仕事をしたいという事。「生まれ育った地元が大好き。そこに住む人のために働ければ」――。

座間版の人物風土記最新6

笹岡 泉さん

フェイスブックページ「We Love Zama」のタウンリポーターを長年務める

笹岡 泉さん

緑ケ丘在住 70歳

1月31日号

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク