座間版 掲載号:2015年3月20日号 エリアトップへ

健康ウォーキング講座を開く「ZAMA生涯学習ボランティア研究会」の代表を務める 井上 精司さん 東原在住 76歳

掲載号:2015年3月20日号

  • LINE
  • hatena

「心に老いは無い」

 ○…「地域には、自分の価値観と異なる人が多く存在する。生涯学習を通じ、そうした人たちと出会うことで新しい発見がある」。生涯学習啓発のため、体験講座を企画する「ZAMA生涯学習ボランティア研究会」の代表を2008年から務める。自身が生涯学習を意識し始めたのは40代〜50代の頃。地域との接点を模索していた時期だった。58歳の時には「定年後も目標を持った生活を送りたい」と、高齢化社会に役立つことを学び地域に伝える「健康生きがいづくりアドバイザー」の資格を取得し、本格的に生涯学習の扉を叩いた。今では同会のほか、市民サークル「ウクレレZAMA」の代表も務める。

 ○…ライフワークとも言えるのが登山。高校生で富士登山に挑戦してから、次第にその魅力の虜に。国内は北海道から屋久島、国外は欧州から北米まで山々を巡った。パートナーは妻・あきさん。登山が嫌いだったという妻を「10年かけて引きこんだ」。これからは、未踏の南米やアフリカに視野を向けているそう。

 ○…登山にウクレレ、趣味に没頭できるのも「平和があってこそ」――。そう強く思うのは、苛烈な戦争体験があったから。1945年5月29日、米軍爆撃機が横浜上空に襲来した。その焼夷弾による死者は8千〜1万人とも言われている。当時、横浜に住んでいた自身も、その真っ只中にいた。辺りは火の海になり、死体が積み重なっている場所も。「76年の人生の1日」だが、現在もその記憶は鮮明に刻まれている。だからこそ、今の平和に感謝し、その継続を望んで止まない。

 ○…「希望ある限り若く、失望とともに老い朽ちる」という1節で知られる、アメリカの詩人・サミュエル・ウルマンの作品「青春」。この詩に強い感銘を覚えている。物理的な老いはあっても精神的な老いは無い。「『高齢だから』なんて、自分で限界を作っては駄目」――。満面の笑顔で、そう語った。

座間版の人物風土記最新6

笹岡 泉さん

フェイスブックページ「We Love Zama」のタウンリポーターを長年務める

笹岡 泉さん

緑ケ丘在住 70歳

1月31日号

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク