座間版 掲載号:2015年10月23日号 エリアトップへ

座間市人権擁護委員長を務める 池上 春夫さん 新田宿在住 68歳

掲載号:2015年10月23日号

  • LINE
  • hatena

地道な努力で支える人情

 ○…一口に「人権」といっても扱う問題はDVやパワハラ、隣人との境界トラブルに離婚問題など様々。人権擁護委員の仕事は完全なボランティアだが、日々変わりゆく法令や社会問題などの勉強は常に必要とされる。毎月第2火曜の市役所人権相談では1人30分という限られた時間で話の要点を聞きだし、安心感を与えたうえで的確なアドバイスをしなくてはならないからだ。限られた時間が少しでも有意義になるようにと、手帳には基礎知識から偉人の言葉まで、びっしりと書かれている。

 ○…普段の顔は、農家であり不動産業の経営者。畑には、実がピンクや黄色のスイカ、赤ダイコンなどちょっと変わった野菜たちが大切に育てられている。「皆がやっていることをやってもつまらないから」。昔から探究心が強いうえに凝り性だった。「変わった品種を育てたからといって高く売れるわけじゃあないんだけど……」。食べた人の「おいしかった」の一言が、次の原動力になる。

 ○…現在は妻と白くふわふわの愛猫のコナツとの、2人と1匹暮らし。九州に暮らす一人息子が今年結婚し、胸をなでおろしているところだ。息子は多忙で中々会う機会も少ないが、生後6カ月のやんちゃなコナツを前に寂しがる余裕もあまりない。「いたずら好きで、パソコンの上なんかにもすぐに乗っちゃって」。その様子を思い出すだけで思わず目じりが下がる。

 ○…委員になって7年目で、委員長に初就任した。委員の仕事は人権教室にポスターや作文コンクール事業など挙げればキリがない。中でも、強い憤りとともに訪れる人、悲しみに暮れる人、怯える人など様々な人と対面する人権相談はやはり奥が深い。「自分は特別な資格を持っているわけじゃないんだけれど、だからこそ親身になって聞けていることもあるんじゃないかな」。同じ目線で、同じ人間として。問題解決の糸口を、日々探し続けている。

座間版の人物風土記最新6

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

清水 茂久さん

「図書館を使った調べる学習コンクール」で市長賞を受賞した

清水 茂久さん

明王在住 73歳

12月6日号

新村 米子さん

カフェきづきで「咲き織り展」を開催している

新村 米子さん

西栗原在住 72歳

11月22日号

鈴木 由紀さん

NPO法人「CAP凸凹(でこぼこ)神奈川」の理事長を務める

鈴木 由紀さん

入谷在住 55歳

11月15日号

小林 絵里子さん

日本ネイチャージャーナルクラブの主宰を務める

小林 絵里子さん

南栗原在住 49歳

11月8日号

大木 雅紀さん

相武台東小学校創立50周年記念事業実行委員会の実行委員長を務める

大木 雅紀さん

栗原在住 45歳

10月25日号

熊沢 楓さん

(一社)座間JC主催「2019ひまわり王女コンテスト」でグランプリに輝いた

熊沢 楓さん

座間市在住 22歳

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小学生ランナー募集

小学生ランナー募集

日産座間でマラソン大会

1月12日~1月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

座間版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク