座間版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

一般社団法人 座間青年会議所の理事長に就任した 窪 悠久さん 緑ケ丘在住 37歳

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena

優しさで笑顔紡ぐ

 ○…40歳以下の若手経営者などが集まり、街づくり事業を展開する「一般社団法人 座間青年会議所(JC)」。今年で創立37年という歴史を有するJCの新理事長に、1月1日付けで就任した。先輩たちから渡されたバトンの「責任の重さ」をしっかりと受けとめながらも、45人の会員をまとめる新リーダーとして「より進化させていければ」と意気込んでいる。

 ○…常に笑顔を絶やさない、快活な人柄。理事長として掲げる今年のスローガンも、「優〜笑顔の創造〜」だ。JCが目指す「明るい豊かな街」を自問自答した時に、出てきたイメージが「笑顔溢れる」だった。そのために必要なのが、優しさや利他の精神だという。「思いやりを持って接することで笑顔が生まれる。それが、次の笑顔につながっていく」。そうした連鎖を生み出すべく、事業を展開する考えだ。また今年度は、会員が家族や友人など身近な人と参加できる例会も行う予定。「まずは、自分の近くにいる人たちを笑顔にしないと」。日頃の感謝を伝えられる機会になればと、願っている。

 ○…緑ケ丘で塗装会社を営んでいる。家族経営の会社で、先代の父親や弟は仕事での良きパートナーだ。子どもは7歳から13歳まで3人。休日に、子どもたちとテレビゲームに興じる時間は、貴重なひと時だ。JCの活動に、子どもを連れて行くこともあるとか。「わんぱく相撲や坂道マラソンなど小さい子が楽しめる事業も多いでよ」と胸を張る。

 ○…自身の性格を分析すると、「猪突猛進型かな」と苦笑い。考え過ぎて出足が鈍る前に、まずは一歩を踏み出す。9年前にJCに誘われた時も、実は組織についてよく知らなかったというが、「まずは入会してみよう」と、その扉をたたいた。「何でも挑戦しなきゃ。壁にぶち当たっても、立ち上がれば良いんです」――。目標に掲げる「市民の笑顔」を目指して、その行動力を発揮する。

座間版の人物風土記最新6

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

69歳

8月23日号

橋本 吉宣(よしのぶ)さん

日台高座友の会の設立に取り組む

橋本 吉宣(よしのぶ)さん

48歳

8月16日号

古川 寛泰さん

9月1日にオペラ「トスカ」を上演するオペラ・ノヴェッラ代表を務める

古川 寛泰さん

座間市在住 37歳

8月2日号

高崎 将充さん

津軽三味線世界大会の唄付伴奏A級で準優勝を果たした

高崎 将充さん

ひばりが丘在住 33歳

7月26日号

渡部 由紀子さん

国際ソロプチミスト座間の会長に就任した

渡部 由紀子さん

入谷在住 63歳

7月12日号

鈴木 義隆さん

7月1日付けで座間ロータリークラブの会長に就任した

鈴木 義隆さん

相武台在住 56歳

7月5日号

石倉 みどりさん

仲間5人で作品展示販売会「古和楽」を開催した

石倉 みどりさん

座間市内在勤 

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「オダサガ」でちょい呑み

「オダサガ」でちょい呑み

28日、29日の2日間

8月28日~8月29日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク