座間版 掲載号:2016年2月19日号
  • LINE
  • hatena

座間市消防署の認知症対策を中心となって進めている 板倉 弘一さん 緑ケ丘在勤 60歳

知ることで、心穏やかに

 ○…高齢化率が「超高齢化社会」の基準とする21%を超えている座間市。火災や救急の現場において高齢化に対応するため、消防職員を対象とした認知症サポーター養成講座を2年前から推進してきた。今では約80%の職員が受講し、今月上旬には消防団にも着手。時に隊員らと意見をぶつけ合うこともあったが、粘り強く理解を促してきた。「研修を受けたことで、救急出動で認知症と思われる人に対応した時に、(教わった通り)正面からゆっくり話すことができた」。そんな現場の声が励みになっている。

 ○…認知症対策に取り組むようになった契機は、2012年。介護施設対象の防火研修を開くなかで、「消防職員にも認知症についてもっと知ってほしい」という声が挙がったという。そこから一念発起して勉強し、養成講座の講師を務められる「キャラバンメイト」の資格を取得した。いま感じるのは、「知る」ことの大切さ。症状の特徴や原因を学ぶことで、患者に対応する時の心持ちが変化する。「少しでも、お互いが心穏やかに過ごせるようになれば」と願う。

 ○…住まいは大和市で、妻と義母の3人暮らし。「どちらかは消防士になって欲しい」と密かに願っていた2人の息子は、福島県で居酒屋を経営している。東日本大震災の発災直後、店にあった食料で炊き出しをしたという話を聞いて、「そんな社会奉仕もあるのか」と我が子の成長に胸打たれた。今も年数回は足を運び、子どもが作った料理と酒を堪能している。

 ○…3月に定年退職を迎える。最近は「これまでの消防人生で何を残せたのか」と想いを巡らせるそう。これからも、消防の仕事に携わっていければと考えている。認知症対策に加え、いま取り組んでいるのが精神疾患患者の救急対応の整備。「行政やNPOと連携して、研究を進めていきたい」――。定年後も、歩みを止めず、意欲的に取り組んでいく。

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

座間版の人物風土記最新6件

岡田 秀夫さん

大和市制60周年健康将棋大会で優勝した

岡田 秀夫さん

2月8日号

野田 朱美さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

野田 朱美さん

2月1日号

三原 一晃さん

横浜DeNAベイスターズの球団代表でチーム編成の最高責任者として舵を取る

三原 一晃さん

1月25日号

美濃口 集(あつむ)さん

座間のスポーツ発展をめざし、市内でスポーツバー「TSUDОI」を開いている

美濃口 集(あつむ)さん

1月11日号

斉藤 竜哉さん

一般社団法人座間青年会議所 第40代理事長に就任した

斉藤 竜哉さん

1月1日号

関山 光男さん

神奈川県優良小売店舗として表彰された(有)関山食品の代表取締役を務める

関山 光男さん

12月14日号

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひまわりフォト写真展

ひまわりフォト写真展

15会員の”感動”表現

2月19日~2月24日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月8日号

お問い合わせ

外部リンク