座間版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(一社)座間青年会議所の理事長に就任した 竹田 陽介さん 相模が丘在住 33歳

挑戦が「進化」もたらす

 ○…青年会議所(=JC)は明るく豊かな社会の実現をめざし、20歳から40歳までの有志が集う組織。きょう1月1日、(一社)座間青年会議所の第38代理事長に就任した。今年のスローガンは、「進化〜あくなき挑戦〜」。ここ数年、同JCを牽引してきた会員の多くが卒業したことで、組織は大きな分岐点を迎えているという。若い世代が台頭して新風を吹き込むためには、一人ひとりがチャレンジ精神を持って、「進化」する必要があると考えている。「自分も含めて、新しく生まれ変わらなければいけない」と意気込む。

 〇…2013年に入会。これまでの4年を振り返ると、先輩たちに支えられた日々だった。特に郷土愛醸成委員長を任された2015年は、座間の戦国時代にスポットを当てた事業を行うにあたり、当時の副理事長にお世話になったそう。「夜な夜な時間を作り、付き合ってくれて。頑固な後輩だったと思いますが、最後まで見捨てずに守ってくれました」。その先輩の卒業式では、感極まって涙が溢れた。「あまり泣く方ではないのですが、自然と涙が出てしまい…」と懐かしそうに振り返る。

 〇…相武台東小と座間中、座間高校の出身。大学卒業後、地域新聞の記者を経て、2012年から座間市議会議員を務める。漠然とながらも政治の道を志したのは、大学生の頃。議員事務所を手伝う機会があり、地域のために政策提言する姿に関心を抱いた。座右の銘は、維新三傑の1人、大久保利通が残した「為政清明(いせいせいめい)」。政(まつりごと)を行うには清く明瞭であれという意味だ。「憧れも込めて。そう、ありたいですね」。

 〇…「我々の活動は、小石を池に投げ込むようなもの。投げ続ければ小さな波紋が大きくなって形を成す」。JCの知人が口にしていたというフレーズだ。「願いや想い、努力の積み重ねは、いつか実を結ぶ」――。そう信じて、メンバーを引っ張っていく。

座間版の人物風土記最新6件

窪 彬久(よしひさ)さん

2月21日・22日開催の「相武台前ちょい呑みフェスティバル」の実行委員長を務める

窪 彬久(よしひさ)さん

2月16日号

北出(きたで) 允洋(あつひろ)さん

あすなろ大学展2018の実行委員長として、準備に奔走する

北出(きたで) 允洋(あつひろ)さん

2月2日号

松本 篝(かがり)さん

NPO法人ワンエイドの理事長を務め、フードドライブの取組みを広げる

松本 篝(かがり)さん

1月19日号

萩原 一馬さん

大和市デイサービス連絡会の会長を務める

萩原 一馬さん

1月12日号

田川 恵さん

「おはなしぐるーぷ さくらんぼ」の代表を務める

田川 恵さん

1月5日号

西野 貴滋(たかしげ)さん

一般社団法人座間青年会議所の第39代理事長に就任した

西野 貴滋(たかしげ)さん

1月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク