神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2019年1月17日 エリアトップへ

日本酒作り企画 はちぷろ NPOに

文化

公開:2019年1月17日

  • X
  • LINE
  • hatena
入会の案内を持つ鶴田さん(左)と高尾の天狗を持つ西仲さん
入会の案内を持つ鶴田さん(左)と高尾の天狗を持つ西仲さん

 「お酒作りを通じて八王子を盛り上げていこう」――。八王子産の米でできる日本酒「高尾の天狗」を軸として2014年にスタートした、まちおこしプロジェクト「はちぷろ」(元横山町)。5年目をむかえた昨年末、同団体は特定非営利活動法人(NPO法人)となった。「ぜひ一緒に活動をしていただきたい」。代表理事の1人、鶴田隆一さんは入会を呼びかける。

会員募集 「一緒に楽しんで」業界斜陽の中好調

 健康志向などを背景に日本酒の消費量は年々減っているという。「前年から7%落ちたそうです。産業自体が危機とも言われています」。業界関係者はそう嘆く。

 「おかげ様でよく売れています。昨年末は欠品のお店もありました」。NPO法人はちぷろのもう1人の代表理事、西仲鎌司(けんじ)さんは笑みを浮かべる。

参加型で「愛着」

 高尾の天狗は高月町で生産された酒造適合米と高月清流米(キヌヒカリ)を使って作られる。醸造は長野県で行われ、例年3月に新酒が登場する。

 はちぷろは15年からこの生産工程を体験できる企画を用意している。田んぼで田植え、草取り、稲刈り、そして酒蔵で仕込み。毎回多くの市民が参加しており、同じ志の仲間との「交流の場」としても重宝されている。「この日本酒作りに加わっていただくと、(高尾の天狗は)『自分の酒』という愛着がわくようです」(鶴田さん)

「再来年、市内に蔵を」

 「市内に酒蔵を造りたい」。昨年3月にあった新酒お披露目会で、集まった170人を前に西仲さんは大きな夢を語った。NPO化はその実現にむけての一歩でもある。「酒蔵だけでなく、蔵を中心としたテーマパークを。2021年の完成をめざしたい」。西仲さんは意気込んでいる。

 「我々の趣旨に賛同し、主体的に活動いただける方を募集しています」と鶴田さん。NPO法人の会員は3種ある。年会費5000円の正会員(個人)、1万円の賛助会員(個人・団体)、無料のボランティア会員。申し込み希望の人、詳細を知りたい人は下記の連絡先へ。「一緒に楽しんで八王子を盛り上げましょう」■NPO法人はちぷろ【電話】042・642・1542/元横山町1-17-10

田植えの様子
田植えの様子

補助金使ってお得にリフォーム!

グーグル口コミ評価4.9点!(2024年3月8日時点)

https://www.web-soken.co.jp/hachiouji

<PR>

八王子版のローカルニュース最新6

手づくり品販売会

手づくり品販売会

5月24日から 

5月24日

垣根ない交流の場 目指し

垣根ない交流の場 目指し

福祉まつりが40回の節目

5月23日

タイヨウ・トップが仲間入り

タイヨウ・トップが仲間入り

高尾山さる園に新顔

5月23日

日本酒、500人楽しむ

日本酒、500人楽しむ

第1回SAKEフェス盛況

5月23日

地元バンド 駅メロに

相模大野駅

地元バンド 駅メロに

駅長「待ち遠しく楽しみ」

5月23日

「本物」を間近に

八王子消防署

「本物」を間近に

児童2120人が写生会

5月23日

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook