八王子版 エリアトップへ

2020年3月の記事一覧

  • それでも開け続ける

    トリックアート美術館

    それでも開け続ける 経済

    「来館者、元気づけたい」

    24年間 臨休ほぼなし 新型コロナウイルス感染への警戒が続く中、開放感を求めて高尾山を目指す人も少なくない。高尾山口駅近く...(続きを読む)

    3月26日号

  • 開花 例年より5日早く

    開花 例年より5日早く 社会

    人はまばら 八王子市役所北側の浅川沿いに植えられているソメイヨシノが3月17日に咲き、八王子市に「開花宣言」が出た。市によ...(続きを読む)

    3月26日号

  • 木こりフェス開催

    「人物」関連

    木こりフェス開催 文化

    4月26日 上恩方町で

     三木一弥さん=人物風土記で紹介=が代表を務める「森と踊る(株)」による「森と踊る木こりフェス」=画像=が4月26日(日)に恩方中学校(上恩方町)裏手の山で開催...(続きを読む)

    3月26日号

  • 専門外でも

    専門外でも 社会

    市内医師らウエブ上でコロナ会議

     新型コロナウイルスの感染が広がるなか、感染病を専門としない八王子市内医師らも対策に乗り出している。 先月には、兵衛の「みなみ野循環器病...(続きを読む)

    3月26日号

  • 三木 一弥さん

    「森と踊る(株)」代表で林業を通じて森の価値を伝えている

    三木 一弥さん

    上恩方町在住 50歳

    森の価値を作り出す ○…「切った木に価値があるのではなく、残った大地側に価値を作るのがミッション」。循環型社会にふさわしい...(続きを読む)

    3月26日号

  • 食の楽しみ 忘れないで

    バーゼル渡辺さん

    食の楽しみ 忘れないで

    コロナ 飲食店に打撃 「やはり食べることは楽しい。家ではもちろん、外食もいい。今は少し暗い毎日ですが、もっと楽しんで過ごし...(続きを読む)

    3月26日号

  • 感染防止には「自然豊かな地」?

    感染防止には「自然豊かな地」? 社会

     新型コロナウイルスの感染を避けるため、人混みの多い都心を離れ、自然豊かな地へと向かう八王子市民も少なくないようだ。そんな動きをみて八王子から車で3時間程度で行...(続きを読む)

    3月26日号

  • 八王子市3月度会見

    八王子市3月度会見 社会

     八王子市は3月19日、市役所で定例の市長記者会見を開いた。休止、中止 新型コロナウイルス感染症の...(続きを読む)

    3月26日号

  • 屋根で戦う?

    大和田町のリフォーム会社

    屋根で戦う? 社会

     屋根で戦う――男たちがいる。大和田町のリフォーム会社、ワンホームの職人らだ。雨漏りの修繕や耐震のためなど、八王子市内の”上空”で日々仕事に打ち込んでいる。「危...(続きを読む)

    3月26日号

  • 小仏川に古生代の化石か

    小仏川に古生代の化石か 文化

    棘皮動物「ウミユリ」と推測

     小仏川(南浅川)の河川敷で古生代の動物「ウミユリ」の化石とみられるものが見つかった。市内の化石と言えば「浅川のメタセコイア」がよく知られるが、ウミユリについて...(続きを読む)

    3月26日号

  • 住宅地に群生

    片倉城跡のカタクリ

    住宅地に群生 社会

    「名所」定着 一方で悩みも

     片倉城跡公園(片倉町)に咲くカタクリが見ごろを迎える。公園が開所した1972年から薄紫色の花を咲かせてきたこのカタクリは「名所」として八王子市内外から人を呼び...(続きを読む)

    3月26日号

  • 電子書籍で貸出

    八王子市

    電子書籍で貸出 文化

    4月5日まで読み放題

     八王子市図書館は、新型コロナウイルス感染拡大防止のための市内学校の臨時休校を受け、電子書籍の提供を行っている。  利用できるの...(続きを読む)

    3月19日号

  • ラジオで昔話

    人物風土記関連

    ラジオで昔話 文化

     地元FM局「東京スターレディオ」(八王子エフエム/77・5メガヘルツ)で毎週月曜日から金曜日、八王子に伝わる昔話の番組が放送されている。午後5時から5時10分...(続きを読む)

    3月19日号

  • 明るい歌でも歌って

    特集

    明るい歌でも歌って 文化

    八王子市内で見つけた桜和紙絵、アクリル画を紹介

     開花に伴い、市内の作家らの桜作品を紹介。思わず明るい歌を口ずさみたくなる。30色の深み 下恩方町...(続きを読む)

    3月19日号

  • “優しいリーダー”を育成したい

    “優しいリーダー”を育成したい 社会

    (西原)「その緑地では今年ももうじき、学生らは地域の皆さまと一緒にタケノコ掘りをするのではないかな。地域の方から教わった掘り方を子どもたちに教えるなど、学生にと...(続きを読む)

    3月19日号

  • 検眼者敬う菩薩清掃

    検眼者敬う菩薩清掃 社会

    中央LC 「アイバンク知って」

     東京八王子中央ライオンズクラブ(LC/今井治(はるみ)会長)は7日、高尾山の仏舎利塔近くにある「千手千眼観音菩薩像」を清掃した=写真。毎年年末に行っていたが、...(続きを読む)

    3月19日号

  • 吉田 美江さん

    昔話の継承に励む「高尾山とんとんむかし語り部の会」の会長を務める

    吉田 美江さん

    絹ヶ丘在住 75歳

    残すため 語り続ける ○…八王子に1000話はあるという昔話。会の使命は「先人たちが(口頭で)残してきたその話を『語り』と...(続きを読む)

    3月19日号

  • 来月、首都大から都立大へ

    来月、首都大から都立大へ 社会

    副学長らに聞く

     ――再スタートの時だと(山下)「はい。名称が変わったから何かカリキュラムが変更になるということはありませんが、再スタートの時としてこれ...(続きを読む)

    3月19日号

  • オンラインで

    コロナ対策

    オンラインで 教育

    親子ブロック教室

     外出が制限される中、サンゼエデュケーションセンター(散田町)では3月25日(水)・4月1日(水)にオンラインで学べる親子ブロック教室を開催。幼児から小学生が対...(続きを読む)

    3月19日号

  • ワケあって男の料理

    ワケあって男の料理 社会

    悲しみ隠し「楽しむ」

     「こんな感じかな」「目分量でいっちゃう?」。月に1度、地域サロン「スーヴニールの森」(打越町)で開催される「男の料理教室」では、にぎやかな声が聞こえてくる。「...(続きを読む)

    3月19日号

  • 「ほっこり」と

    あきる野との市境で人形展

    「ほっこり」と 文化

     八王子とあきる野市の境にある茶房ギャラリー「土籠(どごめ)」(あきる野市)で8日までの6日間、八王子市民のファンも多いという人形作家、岩井咲都乃さんの作品展が...(続きを読む)

    3月19日号

  • 都内最多の献血協力

    市内5LC

    都内最多の献血協力 社会

    南大沢駅前で56人

     市内に5つある奉仕団体ライオンズクラブ(LC)による合同の献血活動が3月3日に南大沢駅前で行われた。 「普段より明らかに人通りが少ない...(続きを読む)

    3月19日号

  • 「人の魅力」伝え70年

    元八王子町新制作座

    「人の魅力」伝え70年 文化

    市内高校生らに指導も

     元八王子町を拠点に国内外で演劇を通じ人の魅力を伝えてきた劇団「新制作座」が今年、創立70周年を迎える。代表作「泥かぶら」の公演数は1万5000回を超え劇団は市...(続きを読む)

    3月19日号

  • 人生再起でジム開設へ

    プロ格闘家・咲間さん

    人生再起でジム開設へ 社会

    コロナで逆風も前向き

     「人生ドン底からプロ格闘家へ!次の目標は自分のジムを出したい!」。そんなプロジェクト名でクラウドファンディング「キャンプファイヤー」にて資金を募るのは、市内在...(続きを読む)

    3月19日号

  • 地域 ブランド化し発信

    商店会NPO

    地域 ブランド化し発信 文化

    グッズ等製作 魅力向上へ

     地域の魅力を向上するために、市内でブランディング(ブランド化)を進める動きが見られる。ある商店会はオリジナルグッズを作り、あるまちづくりNPOは専門会社と組み...(続きを読む)

    3月19日号

  • 「未来の南大沢」検討進む

    都政報告

    「未来の南大沢」検討進む

    都民ファーストの会 東京都議団 滝田やすひこ

     昨年来、南大沢駅周辺の今後のまちづくりについて、東京都や八王子市、有識者らの検討会で議論されています。先日、2回目となる検討会議が開かれ、現況や今後の課題を整...(続きを読む)

    3月19日号

  • 【タウンニュース春の特別号】

    【タウンニュース春の特別号】

     タウンニュースでは、神奈川県の県央・県西エリアの桜の見どころや観光情報をまとめた特別号を発行しました。2020年春の行楽にお役立てください。...(続きを読む)

    3月14日号

  • 再起目指しリセット中

    散田町のカーレーサー海外の舞台も意識

    再起目指しリセット中 スポーツ

     散田町在住のレーシングドライバー、峰尾恭輔さん=人物風土記で紹介=が現在、再起を目指しトレーニングを積んでいる。2012年には主戦場とする「スーパー...(続きを読む)

    3月12日号

  • 災害備え眼鏡を

    14・15日

    災害備え眼鏡を 社会

    明神町の店舗 無料で調整

    コンタクトは困難 東日本大震災から9年。「使っていない眼鏡を災害時、使用できるように」と明神町の「眼鏡処まどか」がイベント...(続きを読む)

    3月12日号

  • 子連れ出社を実施

    アイキャンディ

    子連れ出社を実施 社会

    休校対策として

     新型コロナウイルス対策で学校が休校となる中、働く親への支援の一環として散田町のデザイン会社アイキャンディ(株)は3月2日から「子連れ出勤」をスタートさせた。初...(続きを読む)

    3月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク