八王子版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 「話せてうれしいかった」 コロナ禍での生活支援サービスに「ありがとう」の声多数

社会

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena
ハート形の付箋でメッセージを手書きするスタッフたち=提供写真
ハート形の付箋でメッセージを手書きするスタッフたち=提供写真

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、とくに高齢者で外出を控える人が増えている中、市内で高齢者の生活支援サービスを展開する「まごころサポート多摩八王子かねこ店」(別所)が送った手紙に喜びの声が集まっている。

 「コロナの影響で外出を避け、人との付き合いが希薄になっているお年寄りも少なくないはず」と同店を運営する(株)デサフィオの金子恭士社長が思い立ち、市の南部、東部エリアの700世帯に宛てて手紙を書いた。お見舞いの文章に加えて1通ずつ手書きのメッセージを添えて送った。仕事の依頼だけではなく「ただのお礼がしたい」というも電話もあったという。

 依頼は買い物代行や草むしり、網戸の張替えなど。多くの現場では「誰かと話ができたことが一番うれしい」などの声が多く聞かれたという。依頼者にはマスクもプレゼントし、こちらも喜ばれたという。

「子どもに迷惑をかけたくない」の受け皿

 依頼が来る背景には「子どもに迷惑をかけたくないという思いがあるから」と金子社長。「子どもに頼るのが申し訳なくて、中には買い物をして会計を済ませた後に『持ち帰るには重すぎる』と宅急便で自宅に送るという人もいました」。外出自粛のゴールデンウイークで子や孫に会わなかった人も多かったようで「ちょっとした家のことを『どこに頼んだらいいのかわからなかった』という声もよくいただきました」と金子社長。

失われた「社会性」を求め

 実は同店は、昨年11月まで新聞販売店をしており、その頃に地域貢献も含めてまごころサポートの事業をスタート。「新聞は大切な情報源として雨でも雪でも届けた。顧客も『必ず届く』という信頼感があった。庭先で新聞を直接受け渡すことも少なくなかった」と地域社会とのふれあいを振り返る。郵便受けに新聞がたまっている場合は「何かあったのでは?」と気づくことができ、実際に救えた命もあったという。「そこにはある種の『社会性』があった。今では少しずつ新聞配達の形が変わり、直接のふれあいが乏しくなってきた。だからこそ、私自身も社会的なつながりを求めているのかもしれません」。それが手書きメッセージ付きの手紙を送るというアイデアにつながった。

デサフィオの金子社長
デサフィオの金子社長

八王子版のローカルニュース最新6

中町に新たなビル

中町に新たなビル 文化

黒塀に花を添える外観

3月4日号

「神様が来た」

掛け軸持つ清水さん

「神様が来た」 経済

3月4日号

初の八王子試合

WEBで開催中

人物風土記関連

WEBで開催中 文化

消費生活フェス

3月4日号

しいたけ栽培32人が参加

上川地区

しいたけ栽培32人が参加 社会

3月4日号

あいたくなる「人」がいる

あいたくなる「人」がいる 経済

アイテレコム株式会社

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

お問い合わせ

外部リンク