八王子版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

(PR)

下肢静脈瘤 脚のむくみ「専門的な治療を」 美容師、教員など立ち仕事のニーズに対応

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena

 「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」は脚のむくみに隠れる疾患で、日本人の約1割が潜在患者ともいわれる。相模原市の『かぬまだいけやきクリニック』では、この下肢静脈瘤の早期発見・治療に努めている。

 「下肢に静脈が青い筋となって浮き出る、足がむくむ、だるいなどの症状が現れたら疾患のサイン」と話すのは古屋秀和医師。「放置すると血管がコブ(瘤)のように膨らみ皮膚病変などさまざまな症状を起こします」

 同院では、先進的高周波治療装置(ラジオ波)による血管内焼灼術やストリッピング術、硬化療法など、さまざまな日帰り手術に保険診療で対応。診療日を週3日設け、美容師など立ち仕事の人の要望にも応える。古屋医師は、「困ったら一度受診にお越しください」と話している。

 診療日時は毎週金曜日の午前、土曜日の午前・午後、第1・3・5火曜日の午後。予約優先。

かぬまだいけやきクリニック

〒252-0233 神奈川県相模原市中央区鹿沼台2-18-6 大谷第1ビル3F

TEL:042-707-0426

http://kanumadaikeyaki-clinic.com/

八王子版のピックアップ(PR)最新6

介護リフォーム「地元」で頼むなら

百十年目「この秋、戻ります」

50年 環境課題に向かいあい

50年 環境課題に向かいあい

散田町・環境管理センター

1月1日号

コロナに打ち勝ち、希望のもてる東京に!

都政報告

コロナに打ち勝ち、希望のもてる東京に!

東京都議会議員  両角(もろずみ)みのる

1月1日号

「”好き”を仕事にする働き方」

安藤 謙一郎代表に聞く

「”好き”を仕事にする働き方」

1月1日号

「打ち合わせは人生相談のよう」

相続屋荒井兄吾さんに聞く

「打ち合わせは人生相談のよう」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

お問い合わせ

外部リンク