神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2021年8月19日 エリアトップへ

寄稿 「心の通い」 音楽に 市内在住ギタリスト・田川ヒロアキさん

社会

公開:2021年8月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
ギターを弾く田川さん©SHIGEYUKI USHIZAWA
ギターを弾く田川さん©SHIGEYUKI USHIZAWA

全盲 ライブ活動

 私は全盲のロックギタリストで、ライブ、学校、地域での演奏、医療機関での講演、CMやイメージソングの作曲等を行なっております。

 この度の「共生」をテーマに、日常を振り返り、4つの事柄を元に考えてみました。

【1】家族友人知人

妻や周囲は「助けなきゃ」ではなく自然に接してくれています。

【2】声かけ

単独の外出時、困っていると、手を貸して下さる方に救われます。

【3】開発

白杖、点字ブロック、駅や信号機等の盲導鈴、PCやスマートフォンの画面を読む合成音声アプリ等を使用しています。

【4】福祉制度

公共機関等の様々な制度も大変助けとなり、特に八王子市は福祉に優しいと感じます。

 こうしたお陰で日常を過ごす事が出来ています。

 しかし、昔は、音楽よりも、「障害を乗り越えた人」「見えないにもかかわらず」と呼称される事が多く、「障害にも負けずに頑張っているのではなく、これが日常なのに!」と世間が持つ障害のイメージとの相違に悩んだ時期がありました。

不便な事は

 とはいえ、見えないのは事実で、特に単独時に不便な事も多々あります。

・人の表情やしぐさ、景色や部屋の様子、物の配置の把握

・ATM等のタッチパネル

・道を尋ねた時、「あっちです」と教えられても見えない事

・ネット閲覧時、画像解説がなくて把握できないページ等

 こうした不便を補ってもらえる事で「視覚障害者」ではなく、いち「私」として周囲の人達と毎日自分らしく楽しく過ごせています。

 見えないからこそ、困っている事やしてもらいたい表明をする事で手をお借り出来たり、開発や制度が出来たり、これが「心の通い」になると感じています。

 私はその気持ちを音楽でお返しして、縁あってこの記事を読んで下さっている方も含め、皆さんと時間を共に出来る人でありたいです。音楽を通じて、人と社会と心が繋がれるように。
 

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

八王子版のローカルニュース最新6

八王子市長杯こども将棋大会

ハンドメイド市

ハンドメイド市

21・22日 八日町で

6月15日

混声合唱の定期演奏会

混声合唱の定期演奏会

アンサンブルJ

6月14日

災害時のペット支援で協定

災害時のペット支援で協定

市とヤマザキ動物看護大

6月13日

小田原でタマネギ収穫体験

愛宕小

小田原でタマネギ収穫体験

5年生が姉妹都市交流

6月13日

垣根ない音楽祭

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook