八王子版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

寄稿 「心の通い」 音楽に 市内在住ギタリスト・田川ヒロアキさん

社会

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena
ギターを弾く田川さん©SHIGEYUKI USHIZAWA
ギターを弾く田川さん©SHIGEYUKI USHIZAWA

全盲 ライブ活動

 私は全盲のロックギタリストで、ライブ、学校、地域での演奏、医療機関での講演、CMやイメージソングの作曲等を行なっております。

 この度の「共生」をテーマに、日常を振り返り、4つの事柄を元に考えてみました。

【1】家族友人知人

妻や周囲は「助けなきゃ」ではなく自然に接してくれています。

【2】声かけ

単独の外出時、困っていると、手を貸して下さる方に救われます。

【3】開発

白杖、点字ブロック、駅や信号機等の盲導鈴、PCやスマートフォンの画面を読む合成音声アプリ等を使用しています。

【4】福祉制度

公共機関等の様々な制度も大変助けとなり、特に八王子市は福祉に優しいと感じます。

 こうしたお陰で日常を過ごす事が出来ています。

 しかし、昔は、音楽よりも、「障害を乗り越えた人」「見えないにもかかわらず」と呼称される事が多く、「障害にも負けずに頑張っているのではなく、これが日常なのに!」と世間が持つ障害のイメージとの相違に悩んだ時期がありました。

不便な事は

 とはいえ、見えないのは事実で、特に単独時に不便な事も多々あります。

・人の表情やしぐさ、景色や部屋の様子、物の配置の把握

・ATM等のタッチパネル

・道を尋ねた時、「あっちです」と教えられても見えない事

・ネット閲覧時、画像解説がなくて把握できないページ等

 こうした不便を補ってもらえる事で「視覚障害者」ではなく、いち「私」として周囲の人達と毎日自分らしく楽しく過ごせています。

 見えないからこそ、困っている事やしてもらいたい表明をする事で手をお借り出来たり、開発や制度が出来たり、これが「心の通い」になると感じています。

 私はその気持ちを音楽でお返しして、縁あってこの記事を読んで下さっている方も含め、皆さんと時間を共に出来る人でありたいです。音楽を通じて、人と社会と心が繋がれるように。
 

八王子版のローカルニュース最新6

休日診療

休日診療 社会

きょう 市内5院で

9月23日号

黒いカナヘビ捕まえました

祭りの音に連れられて

祭りの音に連れられて 文化

八幡八雲神社で例大祭

9月23日号

世界一の靴磨き職人

世界一の靴磨き職人 文化

八日町の靴店でイベント

9月23日号

大量の寄付で支援

人物関連

大量の寄付で支援 文化

小澤さん トラック4台分

9月23日号

コロナ禍で頭痛増加?

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook