八王子版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

遊歩道を歩こう 特集 京王堀之内

文化

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

 歩車分離の街づくりが進められた多摩ニュータウン。その一角、京王堀之内エリアには、趣向を凝らした遊歩道がある。散策がてら、のんびり歩いてみてほしい。

アートな散策路

 京王堀之内駅前のシンボルといえば、モザイクタイルでできたユニークな歩行者通路だろう。オブジェが並びアートな空間となっている。

 「四季の路公園」=写真【1】=と名付けられた長池地区と駅前を結ぶ”道”として、1990年に新都市センター開発株式会社が設置した。

 完成当時に制作されたパンフレットによると、丘陵地帯に広がるこの地域の地形が、中部イタリア地方のロマーニャやトスカーナなどの地形と似ていることからイタリア諸都市をイメージしたものだという。「道」に設置されるオブジェは、イタリアを中心に、国内外の作家が手掛けている。

水路に沿って

 京王堀之内駅から徒歩3分。歩車分離の街づくりが進められた多摩ニュータウンエリアでは、遊歩道が充実している。中でも、長池公園から京王堀之内駅付近までをつなぐ「せせらぎ緑道」は一際趣向が凝らされている。

 計画的に整備された水路に沿った歩道の全長は約1・4キロメートル。里山や渓流を想像させる場所、タイルを用いた近代的な遊歩道が続く。

 駅から向かうとまず住宅街に入る。せせらぎと住宅地が一体となった美しい遊歩道に=写真【2】。長池見附橋のミニ版のようなレンガの橋があるのも楽しい。

 住宅街を抜けると、せせらぎの人工水路と幹線道路が立体交差する「せせらぎ橋」に。歩道橋にも水路を通すこだわりぶり。ここまで作り込む歩道もなかなかないのでは=写真【3】。

 歩道橋を越えると、自然を感じるせせらぎの歩道に。コナラやツツジ、梅雨時期は紫陽花、夏は木陰、秋は紅葉と季節の変化を楽しめる。途中にある「お月見公園」は、遊歩道と一体となった作りに。開けた視界が心地よい。

 長池公園のシンボル、長池見附橋=写真【4】がゴール。このエリアならではの遊歩道。散策にぜひお勧めしたい。

八王子版のローカルニュース最新6

「念のため119番」で男性救護

「念のため119番」で男性救護 社会

消防署 従業員4人に感謝状

5月19日号

今季振り返り、感謝伝え

バスケB3ビートレインズ

今季振り返り、感謝伝え スポーツ

スポンサー企業を訪問

5月19日号

5月は自転車月間

5月は自転車月間 社会

八王子駅南口でイベント

5月19日号

日替わりでパン登場

日替わりでパン登場 文化

5月26日から31日まで

5月19日号

テイクアウトに新風

けいの家

テイクアウトに新風 社会

変容する顧客ニーズへの挑戦

5月19日号

多文化集い河原で催し

多文化集い河原で催し 文化

29日、浅川

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook