神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2023年9月7日 エリアトップへ

850人超 舞い踊る 4年ぶり 西八夏まつり

文化

公開:2023年9月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
商店街を踊り手が練り歩いた(写真は阿波踊りの「千人連」)
商店街を踊り手が練り歩いた(写真は阿波踊りの「千人連」)

 晩夏の西八王子を盛り上げる「第22回踊れ西八夏まつり」が、9月2日と3日にJR西八王子駅北口周辺で催された。地域の活性化と親睦を深めようと、2002年から地元の西八商栄会(磯間光夫会長)が中心となって運営している。コロナ禍で4年ぶりとなった今回は阿波踊り15連、よさこいソーラン15チームの総勢850人以上が出演し、熱気あふれる演舞を披露した。

 「八王子4大祭り」の一つに数えられるこの祭りだが、新型コロナの影響で中止が続いたことで、観客も踊り手も再開の日を待ちわびていた。そうした思いを表すように、今年は2日間で約7万人の来場者(主催者発表)があった。第1回から実行委員長を務め、地元の阿波踊りグループ「千人連」の連長でもある山下善弘さん(旭苑)は「こんなに長い間、踊れなかったのは初めて。それだけに感無量です」と、4年ぶりに西八夏まつりで踊ることができる喜びをかみしめた。

模擬店も盛況

 祭りでは和太鼓や創作ダンス、チアリーディングなども披露され、飲食物などを扱う模擬店も出店。奉仕団体の東京八王子中央ライオンズクラブも4年ぶりにブース出店し、死亡時に目の不自由な人に角膜を提供する「献眼登録」(アイバンク)への協力を呼びかけた。同クラブの中原信之会長は「一人でも多くの人に登録してもらいたい。会員の交流と、クラブについて知ってもらう機会にもなっている」と活動の意義を語った。

中央LCが献眼登録を呼びかけ
中央LCが献眼登録を呼びかけ

八王子版のローカルニュース最新6

内野製作所が310万円寄付

内野製作所が310万円寄付

能登半島地震へ支援の輪

2月23日

市内からSPEEDが決勝へ

第5回トレインズアカデミーカップ

市内からSPEEDが決勝へ

2月24日、エスフォルタで

2月22日

有事に備え救命講習

有事に備え救命講習

処理業者協会が初実施

2月22日

夢街道 その後に

夢街道 その後に

市内LCが奉仕活動

2月22日

プリキュアで都内巡り

デジタルスタンプラリー

プリキュアで都内巡り

八王子のスポットはユーロード

2月22日

「踊る猫」の昔話

「踊る猫」の昔話

中野山王の喜福寺

2月22日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

その人らしい暮らしを提供する

270か所余の「介護事業所」を運営

https://jala.co.jp/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook