神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2024年1月25日 エリアトップへ

令和6年能登半島地震 市内でも被災地支援が活発に

社会

公開:2024年1月25日

  • X
  • LINE
  • hatena
津波に襲われた能登町白丸の海岸
津波に襲われた能登町白丸の海岸

市職員が語る現地の様子

 1月6日に八王子市から被災地支援のために石川県能登町へ派遣された市職員の荒井将良さん(30)と雑賀裕亮さん(27)が、12日に帰庁。2人に話を聞いた。

 2人は日頃、戸吹クリーンセンターに勤めており、被災地で発生する災害廃棄物の仮置き場の開設支援などを主な目的に、車で向かった。

 現地は「風が強く、寒かった」と振り返る荒井さん。災害ごみの量を推計し、交通事情などを考慮した仮置き場の候補地の下見などを行った。道路はひび割れ、途中、事故車を何台も見かけたという。荒井さんは「早期復興のためにごみ処理と同時進行すべきなのはわかっているものの、正直、人命救助の方が優先すべき時期だと感じた」と率直な気持ちを話す。

 雑賀さんは「役場の方は自分たちも被災者なのに、働き詰めで大変そうだった。作業負担を少しでも軽くできればと感じた」と思いを寄せた。荒井さんは、ブルーシートなど、仮置き場開設に不足している物資を持って再び能登町に入る。「無事に開設できれば。安全第一で行きたい」と話した。

義援金も集まる

 市内の7つの町会・商店会が18日、被災地への義援金として36万6206円を寄付した。市長が代表して受け取り、日本赤十字社へと送られる。寄付したのは、中町町会、三崎町町会、西放射線通り商店街振興組合、中町商店会、桑都テラス商店会、八王子駅北口商店会、八王子市三崎町商研会の7団体。

 また、市が設置した募金箱にも245万7657円が集まり、日本赤十字社へ送付している(1月15日時点)。

荒井さん(右)と雑賀さん
荒井さん(右)と雑賀さん

八王子版のローカルニュース最新6

「イチョウで新たな名産品を」

ビートレインズ

「イチョウで新たな名産品を」

PR特使として商品を開発

5月31日

蛍の夕べ 元八で観賞会

蛍の夕べ 元八で観賞会

6月8・9日 城山川沿い

5月30日

AI、DX 高専教授らが講習

AI、DX 高専教授らが講習

6月8日 明神町のメッセ

5月30日

事前説明会に3陣営

事前説明会に3陣営

7月7日に都議補選

5月30日

馬場氏が立候補表明

都議補選

馬場氏が立候補表明

5月30日

印刷会社が子ども食堂

印刷会社が子ども食堂

松井さん「カレーなら出せる」

5月29日

補助金使ってお得にリフォーム!

グーグル口コミ評価4.9点!(2024年3月8日時点)

https://www.web-soken.co.jp/hachiouji

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月31日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook