神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2024年2月22日 エリアトップへ

能登半島地震 ランドリー14台を被災地へ 市内企業が奔走、八王子から輸送

社会

公開:2024年2月22日

  • X
  • LINE
  • hatena

 能登半島地震の被災地に洗濯機を届けよう――。こんなミッションを無償で請け負ったのは、企業や学校法人向けにランドリー機器等の設置やメンテナンスを手がけるファミリーレンタリース(株)(八日町)だ。

 「洗濯機が必要になるのは、避難が長期化したとき。被災地では支援物資の洋服や下着が届いても、自分にあうサイズがなかったりして難しい現状がある。衛生的にも洗濯が求められているだろうと考えていました」と振り返るのは同社の鈴木康夫専務。

 断水が続く石川県能登町からの要請を受け、仮設のランドリーとして稼動できるコンテナ2台を用意。1つには洗濯機と乾燥機が14台ずつ並び、もう1つには、4トンの水をためることができる貯水槽と発電機3台を積んだ。

各者が協力連携

 現地で稼動させるために、輸送するトラック、昇降のためのクレーン、発電にも使うガスの準備が必要で、鈴木さんは最短で現地に届けるため、奔走。自治体とそれぞれの業界団体と連携し、市内で大雪が降った翌朝の2月6日、午前9時に能登町に向け八王子を出発した。「困っている人がいる。早く使ってもらいたい気持ちで、必死でした」と鈴木さん。

 現地で奇跡的に使える水道を利用し、稼動できたのは到着から4日後の2月10日。以来、朝から行列ができ、現在も1日100人前後が利用している。洗剤としてメーカーから提供されたのは重曹。下水処理がされなくても、自然に還るためだ。水量調節やスムーズな運営のため、現地にはスタッフが常駐している。

 鈴木さんは「今後の課題は排水処理。ろ過装置の性能を上げれば断水時でも水を循環して利用できるようになる。不測の事態に備えて改良していければ」と話した。

洗濯機と乾燥機が並ぶコンテナ内部
洗濯機と乾燥機が並ぶコンテナ内部
話を聞いた鈴木専務
話を聞いた鈴木専務

補助金使ってお得にリフォーム!

グーグル口コミ評価4.9点!(2024年3月8日時点)

https://www.web-soken.co.jp/hachiouji

<PR>

八王子版のローカルニュース最新6

手づくり品販売会

手づくり品販売会

5月24日から 

5月24日

垣根ない交流の場 目指し

垣根ない交流の場 目指し

福祉まつりが40回の節目

5月23日

タイヨウ・トップが仲間入り

タイヨウ・トップが仲間入り

高尾山さる園に新顔

5月23日

日本酒、500人楽しむ

日本酒、500人楽しむ

第1回SAKEフェス盛況

5月23日

地元バンド 駅メロに

相模大野駅

地元バンド 駅メロに

駅長「待ち遠しく楽しみ」

5月23日

「本物」を間近に

八王子消防署

「本物」を間近に

児童2120人が写生会

5月23日

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook