神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2024年6月13日 エリアトップへ

災害時のペット支援で協定 市とヤマザキ動物看護大

社会

公開:2024年6月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
締結式で協定書を交わした
締結式で協定書を交わした

 八王子市とヤマザキ動物看護大学(南大沢/山崎薫学長)が、6月4日に「災害時における愛玩動物支援活動に関する協定」を結んだ。協定では、災害時に市が保護したペットを同大が一時的に預かることや、ペットを連れた避難者に避難所での飼育管理の助言や指導を行うこと、市に寄せられたペットフードなどの支援物資の保管や避難所への配布などを想定。詳細は、これから協議して詰めていくという。

 同大は学校法人ヤマザキ学園が、2010年に日本で唯一の動物看護学部をもつ大学として南大沢に開学。動物医療などの現場で活躍する人材を数多く輩出している。災害時における動物の危機管理についてのカリキュラムもあり、東日本大震災や能登半島地震などの際には現地で被災動物の救護活動などに協力している。その経験から、キャンパスのある八王子市でも学校の特性を生かした災害時の支援方法を模索していたという。これに市内135カ所の指定避難所でペットの同行避難を認めている八王子市も協力を歓迎したことから協定が実現した。

 6月4日に同大で締結式が開かれ、初宿和夫市長と山崎学長が協定書を交わした。初宿市長は「ペットを残して避難できないという声も多い。協定の締結が市民の安心安全につながる」と感謝を述べ、山崎学長は「私たちでお役に立てることがあれば何でもご相談ください」と応じた。

 同校は犬猫200頭を収容できるケージや水2トン、ペットシーツや防臭ゴミ袋などの災害時備蓄品を保有している。

同大を視察した初宿市長(奥)
同大を視察した初宿市長(奥)

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

八王子版のローカルニュース最新6

カメラを分解体験

カメラを分解体験

夏休みワークショップ

7月13日

日本語学習をお手伝い

日本語学習をお手伝い

市がスキルアップ講座

7月12日

機織りの神様に感謝

機織りの神様に感謝

大谷町の機守神社で例祭

7月11日

新スローガン、決定

東京八王子ビートレインズ

新スローガン、決定

7月11日

森林保護の一助に

多摩信用金庫

森林保護の一助に

東京緑化推進委に寄付

7月11日

新札グッズを販売

新札グッズを販売

北里大学内で 「先生知って」

7月11日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook