寒川版 掲載号:2017年9月8日号

資料保存ワークショップ 文化

10月8日 文書館で

襖の下貼りをはがす作業(上)と水損資料を洗う作業
襖の下貼りをはがす作業(上)と水損資料を洗う作業
 寒川文書館で資料保存ワークショップ「襖に閉じ込められた地域の歴史」が10月8日(日)、午後1時20分から4時40分まで寒川総合体育館多目的室で行われる。主催は寒川文書館と神奈川地域資料保全ネットワーク。協力は神奈川大学日本常民文化研究所。

 不要になった襖の中に貼られた古文書を取り出し、地域のことを調べる手法を学ぶ。また洪水などで大切な記録が水に浸かったときの取り扱いもあわせて体験できる。講師は神奈川大学の田上繁さんと東京大学史料編纂所の山口悟史さん。

来週から参加受付

 定員は25人(先着順)で、9月12日(火)から申込みを受け付ける。定員を超えた場合でも見学は可能。資料代200円、持ち物はマスク、エプロン。

 申込み問合せは寒川文書館【電話】0467・75・3691へ。

関連記事powered by weblio


寒川版のローカルニュース最新6件

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

寒川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク