八王子版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

中町町会「音頭」を制作 芸妓めぐみさんが歌う

文化

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena
中町音頭の歌詞を持つめぐみさん
中町音頭の歌詞を持つめぐみさん

 ♪生まれも育ちも中町で まつり囃子が子守唄――。中町町会(住谷豊一会長)はこのほど「中町音頭」を制作した。およそ20年前に作られたものを録音し、形にした。町への愛がつまった「ご当地ソング」。歌唱は八王子芸妓衆のめぐみさんが担当した。

町への愛 形に

 「めぐちゃん、頼むよ」。今年6月、めぐみさんはあるCDを渡された。中には「アカペラ」が入っていた。

 アカペラで歌っていたのは、元町会長の長沢功さん(78・上野町在住)。長沢さんはおよそ20年前、「町への愛を形に残そう」とこの音頭を作詞作曲した。「飲み会やバス旅行のとき一人でよく歌っていました。好評でしたよ」と振り返る。

 長沢さんは今年に入り市内の加住町や北野町に音頭など「ご当地ソング」があることを知り、「それならうちも」とずっと温めていた楽曲の録音を決めた。カラオケボックスでメロディを吹き込み、そのCDを持って長く親交がある、めぐみさんに歌、編曲を依頼した。

 中町町会は、八王子まつりにおける芸妓衆「にわか山車」巡行の復活(2005年)や「宵の宮」の開催などを応援してきた。そんな縁からめぐみさんは中町町会へ感謝の思いは強い。

「手伝いできて嬉しい」

 長沢さんのメロディを採譜しためぐみさんは10月、市内のスタジオで笛、三味線などを交え録音。「地元の歌を残していくことはとても大切なこと。その意気込みに対し、手伝いができるのは嬉しい」と話した。

 音頭は5番まである。中町で暮らす男性が主人公で、年を重ねながらも変わらぬ町への思いを描いている。「1番は少年時代、2番は青春時代。就職して町が故郷に代わるのが3番。親となる4番。そして5番は年寄になってみんなで中町にある温泉に入る(笑)」(長沢さん)。また各番の締めを、八王子まつりで山車を引くときの掛け声「イチニのヤーイ」で統一するなど八王子らしい一曲ともなっている。

新年会で披露 振付も

 長沢さんは20代の頃、中町でブティックを開いた。「お酒も遊びもこの町が教えてくれた。ここで大人になった。我ながらいい詞だと思う。本当に中町で良かった」。住谷会長は「町への愛が伝わってくる。大切に残していきたい」と喜んだ。

 音頭は来年1月の新年会で振付を付け披露する予定。担当するめぐみさんは「中町らしく小粋な振付にしたい」と話した。

音頭を作った長沢さん
音頭を作った長沢さん

八王子版のトップニュース最新6

五中 夜間学級を知って

五中 夜間学級を知って 教育

「必要な人へ」 連絡会が活動

3月4日号

自宅で専門店の味を

コーヒー10店舗

自宅で専門店の味を 文化

ネット販売 2週間限定

3月4日号

三多摩大会で優勝

八王子スマイリーズ

三多摩大会で優勝 スポーツ

野球女子選抜 12年目で初

2月25日号

南多摩エリアの情勢は

衆院選

南多摩エリアの情勢は 政治

時期次第で都議選影響も

2月25日号

アジア大会で2つの金

アジア大会で2つの金 文化

ピアノ 小6小石君

2月18日号

コロナで生活苦「相談して」

コロナで生活苦「相談して」 社会

26、27日 弁護士ら対応

2月18日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

お問い合わせ

外部リンク