八王子版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

市議会運営を初評価 識者らと検証 一般公開も

政治

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena
評価会議の様子
評価会議の様子

 八王子市議会議会運営委員会(吉本孝良委員長)は2月16日、市役所で、議会の取り組みについて初の評価会議を開いた。この会議は2014年に施行した議会基本条例の検証作業として企画されたもので、議会改革の取組みを様々な角度から見直すことが目的。会議では専門家らの外部評価と議運による内部評価が発表された。

 外部評価を担当したのは関東学院大学法学部地域創生学科の牧瀬稔准教授。様々な自治体で政策形成のアドバイザーなどを務めており、市議会事務局が牧瀬氏に依頼した。

 牧瀬氏は有識者と大学生から委員会を立ち上げ、検証を進めた。当日は学生も会議に出席した。

 検証は条例にある30超の規定に対し、5点から0点の6段階で評価した。結果、有識者による合計は108点/135点(達成率80%)、大学生は126点/170点(同74%)で、内部評価は147点/170点(同86%)だった。分母が異なるのは、設定内容自体「評価できない」と判断し、外された一部項目があったため。

 点数が比較的分かれた項目もいくつかあった。「市民の多様な意見を把握し、独自の政策立案及び政策提言に取り組むこと」についての評価は有識者3・3点、学生3・5点、内部4点で、「議会が保有する部署等を原則公開すること」については有識者3点、学生4・4点、内部5点だった。

市民「成果ですべき」

 当日は一般にも公開され、傍聴した市民は「検証方法について外部評価はともかく、実施したか否かのアウトプット(結果)ではなく、実施によるアウトカム(成果)ですべき。学生が評価に参加したことはとても良かった」などと話した。

 また出席した学生は「市民の声を聞くことが、福祉(住民福祉の増進)につながる」「市政報告会は意見交換の場を」などと意見を述べた。

冬休み短期スイム教室

12/25・26に2日短期集中☎042-673-6591

https://www.nas-club.co.jp/takao/

<PR>

八王子版のトップニュース最新6

3回目 1月16日から

市コロナワクチン

3回目 1月16日から 社会

8カ月以上経過 順次案内

12月2日号

人材育成 市内2社受賞

人材育成 市内2社受賞 経済

中小製造業 都が評価

12月2日号

中小店舗 を支援

八王子市

中小店舗 を支援 経済

12、1月 ペイペイで来店促進

11月25日号

カートで住宅街巡る

北野台

カートで住宅街巡る 社会

実証実験 交流の場創出も

11月25日号

「住民主役」拠点が20年

長池公園自然館

「住民主役」拠点が20年 社会

講師や保全活動巻き込む

11月18日号

困窮家庭に食品配送

困窮家庭に食品配送 社会

フードバンク 希望者多数

11月18日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook