八王子版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

郵便局、「まち運営」支援へ 市と包括連携締結

社会

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena
市内に61ある同局=写真は「八王子上柚木」木下局長
市内に61ある同局=写真は「八王子上柚木」木下局長

 八王子市は26日、市内郵便局を運営する日本郵便株式会社と包括連携に関する協定を締結した。これにより今後、日本郵便は市の魅力発信などに協力していくほか、各局で、市内図書館で借りた書籍を返却できるようにするなど、市民サービスの向上にも貢献していく方針を立てている。

都内、区市町村で初

 東京都内の区市町村で日本郵便と包括連携に関する協定を締結するのは今回が初。立てられた連携事項には、市内の、高齢者や障害者の見守り、子育て支援などについてのほか、市の魅力発信や街の美化、防災に関することなどについての事項が並べられた。

 八王子市の担当者は「日本郵便さんとは高齢者の見守りなどについて、これまでも個別に協定を結んでいたが、今回新たに締結したのは、より幅広い分野でご協力頂くため」としている。

広い「守備範囲」に期待

 今回の連携締結によって市が期待するのが、市内全域に61局ある、その広い守備範囲だ。

 高齢者や子どもの見守りの場合、恩方地区など、市街地から遠く、一軒一軒が離れて立ち並ぶ環境でも、郵便局員であれば日常的な配達業務のなかでの見守りが可能となる。

 また、今回の締結により、各局に八王子の姉妹都市である、小田原市や寄居町などのPRパンフレットを置くことが決定したが、八王子全域を網羅している郵便局であれば、そのPR効果は高いものになると考えられる。「広く地域を網羅できるのは魅力的。今後、郵便局さんと組んで様々な市民サービスが展開できると考えている」と市の担当者は期待を寄せる。

返却図書が可能に

 今回の締結後、新たな取り組みの第一弾とも言える施策が、返却図書の回収だ。

 市内図書館で借りた書籍を市内61局に設けられた返却ボックスへ返すことができるようになるもので、今回の協定締結に関わった、八王子上柚木郵便局(上柚木)の木下薫局長は「多摩地域の木材を使用した返却ボックスを製作中。夏前には各局に設置できると思う」と話す。

 一方で、千人町の中央図書館担当者は「以前から本を返却するのが面倒という声が多く、返却場所を増やしていくことが課題だったが、郵便局さんの協力のおかげでその問題が解消される」とし、返却がスムーズになることは借りやすさにもつながり、図書館利用者増にも期待がもたれる、とこの取り組みを歓迎している。都内郵便局を取りまとめる日本郵便・東京支社の福嶋浩之東京郵便局長会会長は「八王子の街づくりに貢献していければと思う。今後とも、市民の方のお役に立てる取り組みを始めていきたい」と話している。

協定を締結した、日本郵便(株)の立林理東京支社長(左)と石森孝志八王子市長
協定を締結した、日本郵便(株)の立林理東京支社長(左)と石森孝志八王子市長

八王子版のトップニュース最新6

夫婦で紡いだ絵画展

明神町秋山さん

夫婦で紡いだ絵画展 文化

日本画と水墨画 26点集う

5月26日号

3市連携が国事業に

八王子市

3市連携が国事業に 社会

相模原・町田と圏域調査

5月26日号

「やる気ボタン」社歌で押す

島田電機製作所

「やる気ボタン」社歌で押す 文化

楽曲制作、配信を開始

5月19日号

市内開設、可能性探る

インクルーシブ公園

市内開設、可能性探る 社会

有志主催 意見交換に40人

5月19日号

5カ年で2.5km開通へ

八王子南バイパス

5カ年で2.5km開通へ 経済

16号と圏央道、接続向上

5月12日号

地道な活動に光、60年

八王子親切会

地道な活動に光、60年 社会

思い寄せ、記念誌を発行

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook