神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2021年7月8日 エリアトップへ

高尾紅葉台自治会 循環バス 存続の危機 コロナ影響 年2百万赤字

社会

公開:2021年7月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
自治会内を走る循環バス
自治会内を走る循環バス

 高尾紅葉台自治会(狭間町)を走る自治会運営の循環バスが、コロナ禍による乗客減少で存続の危機に瀕している。「このままだと2〜3年以内に継続できなくなるかもしれない」と関係者は頭を抱えている。

数少ない自治会営

 「私の家から高尾駅まで2キロ強。高低差があるので、歩くと冬場でもコートを着ていると汗をかくほど大変」。そう話すのは同自治会循環バス運営委員会委員長の片桐亮さん(60)。造成された約40年前から『いずれバスが来る』と聞いて家を買った人もいたそうだが実現せず、自治会でバスを運行するようになったのは2002年の10月から。運行を委託しているのは(株)高尾輸送サービス(館町)。日曜、祝日、年末年始を除いて1日23便を運行(土曜は減便)し、約550世帯の住民の貴重な足となっている。

 市の交通企画課は「これだけの規模で自治会営でバスを走らせているところは、他に例がないのでは」と話す。

 運行当初は赤字が続いたものの、「お試し乗車券」を発行して便利さを知ってもらうなどの工夫が奏功し、近年では収支が安定していたという。

 しかし、コロナ禍で風向きが大きく変わった。最盛期で約200人が乗車していたのが、現在は130人ほど。「外出自粛やリモートワークが影響しているのだと思う」と片桐さん。昨年度は410万円のマイナス収支。市の緊急的な支援でマイナス分を圧縮し、残った分はこれまでの余剰金(黒字分)で賄った。谷口充生会長(65)は「バスの危機を聞きつけた人が匿名で寄付を下さったりと、非常にありがたかった。高尾輸送サービスさんからの温かい支援もいただけた」と話す。

 ただ、現状が続くと、年間で200万円程度のマイナスになる見通しだ。「このままだとと2〜3年で継続できなくなります」と片桐さん。

 一方で、コロナ以前の18年度からマイナスに転じていたことから、コロナだけが問題ではないと谷口会長。「少子高齢化で、通勤・通学する人が減っている。長期的な課題」とし、今後、秋までに何らかの対策をとりたいと話している。
 

片桐さん(左)と谷口会長
片桐さん(左)と谷口会長

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

八王子版のトップニュース最新6

避難所運営に女性視点を

能登半島地震から半年

避難所運営に女性視点を

地域組織の隊長「ほぼ男性」

5月16日

継続摂取で健康改善

明治ヨーグルト

継続摂取で健康改善

市内小学生対象に調査

5月16日

八王子は「要自然減対策」

八王子は「要自然減対策」

自治体の持続可能性分析

5月9日

自転車シェアで「CO2削減を」

自転車シェアで「CO2削減を」

創価大生の提言で導入

5月9日

70年の節目を祝う

トヨタ東京自動車大学校

70年の節目を祝う

整備士2万7千人を輩出

5月2日

浸水対策工事が完了

八王子市役所

浸水対策工事が完了

南浅川の氾濫を想定

5月2日

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook