神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2022年1月27日 エリアトップへ

2000人超え 過去最多に 自宅療養者の支援急務

社会

公開:2022年1月27日

  • X
  • LINE
  • hatena
20日に開催されたWEBセミナーの様子
20日に開催されたWEBセミナーの様子

 新型コロナウイルスの感染拡大により、八王子市内自宅療養者数が1月23日、2000人を超え過去最多となった。一方で市は20日、地域医療体制支援拠点の再開や、市内医療機関に自宅療養者の健康観察の協力を呼び掛けるセミナーを実施した。

 八王子市によると、市内の新規感染者数は1月19日に407人となり、昨夏最多となった1日の感染者数(257人)を超えた。また、自宅療養者数は、23日現在、2339人。昨夏の最多約1700人を大きく上回っている。

 市担当者は「(19日現在)病床率はまだ逼迫してはいないが、感染者が増えているため当然入院が必要な患者も増えてきている。冬は一般救急も多いため、バランスを見ながら病床数の調整を注視しなければならい」と話す。

保健所の業務逼迫

 20日、八王子市とコロナ受け入れ医療機関は市内医療機関に向けて「第3回COVID-19対策WEBセミナーin八王子」を実施した。セミナーでは、オミクロン株の症状の傾向、治療の効果など基本事項の共有、八王子市や東京都の事業について話し合われた。

 市保健所の渡邉洋子所長は、市内の感染状況について「クラスター対応などにより、コロナ陽生判定を受けた自宅療養者に対し、保健所から(国から示される)翌日まで連絡はできていない。すべての方に連絡をするは難しい状況に近づいている」と訴えた。

 東京都では、保健所の業務負担を減らそうと、自宅療養者の健康観察をする医療機関に対し、協力金を支払う事業を今月から開始した。市内で同事業に登録する医療機関は18カ所。セミナーでは、この事業の説明も行われた。

 八王子市医師会の鳥羽正浩さんは「診療体制が整っていない場合は、電話相談でも対応してもらいたい。自宅療養者の重症化を捉えることが必要だ」と呼びかけた。

医療支援拠点を再開

 また、市は同日、地域医療体制支援拠点を再開した。市職員や災害医療コーディネーターなどで構成。受け入れ病床の有無などを市内全体で共有した入院調整のほか、発熱外来などの受診調整を行なっていくという。

補助金使ってお得にリフォーム!

グーグル口コミ評価4.9点!(2024年3月8日時点)

https://www.web-soken.co.jp/hachiouji

<PR>

八王子版のトップニュース最新6

台湾・鳳山(ほうざん)小が来王

台湾・鳳山(ほうざん)小が来王

緑が丘小児童と交流深める

5月23日

産学官でおさんぽマップ

産学官でおさんぽマップ

健康寿命の延長めざす

5月23日

避難所運営に女性視点を

能登半島地震から半年

避難所運営に女性視点を

地域組織の隊長「ほぼ男性」

5月16日

継続摂取で健康改善

明治ヨーグルト

継続摂取で健康改善

市内小学生対象に調査

5月16日

八王子は「要自然減対策」

八王子は「要自然減対策」

自治体の持続可能性分析

5月9日

自転車シェアで「CO2削減を」

自転車シェアで「CO2削減を」

創価大生の提言で導入

5月9日

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook