神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2022年9月29日 エリアトップへ

防災ボランティア団体主催 ジオラマで水害教室 危険を可視化 10月に教室

社会

公開:2022年9月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
調布市のジオラマと谷岡さん
調布市のジオラマと谷岡さん

 豪雨時の避難行動に役立てようと、段ボール製の地形のジオラマを活用した水害教室が10月16日、八王子クリエイトホールで開かれる。「地形から危険箇所を確認し、災害を自分事として捉えてほしい」と呼びかける。

 主催はNPO法人防災・災害ボランティアかわせみ(石川町)。調布市や世田谷区で、段ボールのジオラマを使った水害教室を開いている。八王子市内での開催は初となる。

 このジオラマは、等高線に沿って切り抜かれたパーツを組み立て、地形を再現する。一般社団法人防災ジオラマ推進ネットワークが提供し、全国小中学校の防災教育などで活用されている。主催する同法人の代表理事・谷岡康さんは「八王子は起伏がある地域。自分の住む場所では何が危険なのか、地形から知ることが重要」と、ジオラマを使う狙いを話す。

 河川工学博士の谷岡さんは、国土交通省、東京都による都市型水害対策検討委員会に関わるなど、都市型水害対策の専門家でもある。「都市のほとんどは水害に弱い低平地で、堤防があるからといって安全ではない。洪水は必ず起こる」と警鐘を鳴らす。特に、豪雨や河川の水位上昇により雨水の排水ができない「内水氾濫」に注意が必要という。谷岡さんは「洪水の前に内水氾濫が起こる。50センチの浸水で子どもや高齢者、車いすの人は避難が困難になる」と指摘する。

 今回の水害教室では、1万2500分の1の縮尺で八王子市全体のジオラマを参加者と組み立てる。市のハザードマップを投影し、立体と平面の両側面から危険箇所を確認する。谷岡さんは「組み立てる作業を楽しみながら、災害を自分事として学んでもらえれば」と思いを込める。

 会場は八王子クリエイトホール(東町)で午後2時から4時まで。対象は小学高学年から高校生と保護者。詳細は同法人のウェブサイト。

補助金使ってお得にリフォーム!

グーグル口コミ評価4.9点!(2024年3月8日時点)

https://www.web-soken.co.jp/hachiouji

<PR>

八王子版のトップニュース最新6

台湾・鳳山(ほうざん)小が来王

台湾・鳳山(ほうざん)小が来王

緑が丘小児童と交流深める

5月23日

産学官でおさんぽマップ

産学官でおさんぽマップ

健康寿命の延長めざす

5月23日

避難所運営に女性視点を

能登半島地震から半年

避難所運営に女性視点を

地域組織の隊長「ほぼ男性」

5月16日

継続摂取で健康改善

明治ヨーグルト

継続摂取で健康改善

市内小学生対象に調査

5月16日

八王子は「要自然減対策」

八王子は「要自然減対策」

自治体の持続可能性分析

5月9日

自転車シェアで「CO2削減を」

自転車シェアで「CO2削減を」

創価大生の提言で導入

5月9日

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook