神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2023年8月31日 エリアトップへ

八王子南ロータリー 市と協定 子ども支え 「ヤングケアラー」 周知に注力

社会

公開:2023年8月31日

  • X
  • LINE
  • hatena
市長室を訪れたクラブの役員ら
市長室を訪れたクラブの役員ら

 本来は大人が担う家事や、ケアが必要な家族の世話を引き受ける18歳未満の子どもを指す「ヤングケアラー」。啓発活動を進めようと、奉仕団体の東京八王子南ロータリークラブ(横山瀬如会長)は八王子市と連携協定を締結。8月21日に締結式が行われた。

 主な活動内容は啓発ポスターの作成や掲示で、2千枚を印刷。市内全ての公立小中学校に配布する予定だ。厚生労働省が定める11月の「児童虐待防止推進月間」に合わせて、23日(木・祝)には明神町の東京たま未来メッセで「地域で支える子どもたちの未来」と銘打ち、啓発イベントを開催する。協定期間は2025年3月31日までとしている。

 以前から、青少年への奉仕活動を活動の軸の一つとしている同クラブ。奉仕プロジェクト委員会の委員長・金子貢司さんの呼びかけで、今年度の新規事業として取り組むこととなった。

 今春新設されたこども家庭庁では、昨年度から24年度まで3年間をヤングケアラー認知度向上の「集中取組期間」に指定。協定にあたり、市子ども家庭支援センターは「ヤングケアラーや児童虐待を受けている子どもたちのSOS発信につながる周知、啓発を推進する」としている。

啓発へ思い共有

 21日の締結式には、同クラブの横山会長、幹事の足立直哉さん、委員長の金子さん、福澤武文さんが出席。石森孝志市長と意見を交わした。

 「住んでいる地域にヤングケアラーがいることを知らない人もいる。デリケートな問題なので、周知を進めて自分たちに何ができるか考えるきっかけになれば」と横山会長。金子さんは「当事者の子どもたちから声を発することはなかなかできない。一つずつ気づくことで支援や解決につながる」と思いを込めた。石森市長は「多くの人に関心を持ってもらうことが大切」とし、「八王子市としても相談体制を充実させている。子ども一人ひとりに対する支援が必要」との考えを示した。

 ヤングケアラーに関する相談は子ども家庭支援センター(【電話】042・656・8225)。

八王子版のトップニュース最新6

「八学」が準優勝

⾼校男子バスケ大会

「八学」が準優勝

全国16校がしのぎ削る

4月18日

「ごみ少ない街」で連覇

八王子市

「ごみ少ない街」で連覇

リサイクル率は2位継続

4月18日

ハチオウジゾウ 故郷へ

ハチオウジゾウ 故郷へ

化石 発見者が市に寄贈

4月11日

スノボ全日本で優勝

難波空良さん

スノボ全日本で優勝

手術乗り越え 来季プロに 

4月11日

文化庁 100年フードに

八王子のふるさと料理

文化庁 100年フードに

地域で継承する食に認定

4月4日

「座談会」で悩み共有

市内子育て支援団体

「座談会」で悩み共有

活動認められ文科省表彰

4月4日

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月24日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook