神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

八王子市内特殊詐欺被害額 前年比で5千万円増 高尾警察署管内は倍に

社会

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

 昨年1年間で発生した八王子市内の特殊詐欺は113件で、被害総額が2億7352万円に上ることが分かった(1月末時点の速報値)。前年と比べて24件、5155万円増加しており、市と警察署では、新たな手口を知っておくことが大切とし、更なる注意を呼びかけている。

 市内被害者の平均年齢は74・7歳で、男性が約3割、女性が約7割。最も多かった手口はオレオレ詐欺(35件)で、次いで架空請求(23件)、還付金詐欺(22件)。

 八王子、高尾、南大沢の3警察署のうち、発生件数最多は南大沢署管内で54件(町田市居住者分を除く)。このうち最も多かったのは架空請求で21件。南大沢署によると、架空請求の中でも増えたのは、サポート詐欺と呼ばれる新たな手口。サポート詐欺とは、インターネット閲覧中にウイルスに感染したかのような偽のセキュリティ警告等を表示し不安を煽り、記載されたサポート窓口に電話をかけさせ、遠隔操作ソフトをインストールさせたり、電子マネーをコンビニで購入させるなど、金銭を騙し取ろうとするもの。

 被害金額が最も高額だったのは高尾署管内で、発生件数は29件と3署で最も少ないものの、被害総額は1億4125万円。高尾署によると、手口はオレオレ詐欺が多く、コンビニやATMを介さない、いわゆる「タンス預金」をそのまま受け子(犯人)に手渡してしまうと、被害額が大きくなってしまう傾向があるという。

 また、特殊詐欺では1度被害にあった人がターゲットにされ、何度も詐欺にあってしまう「おかわり」と呼ばれる事件も発生している。警察署は「新しい手口を知っておくことが大切。お金の話が出たら、自分以外の人に一度確認することを心がけて」と呼びかける。

対策に録音機、春から補助金も

 市では対策として、昨年4月から防災行政無線を活用。年金支給日にあわせ2カ月に1回、注意を呼びかけている。また、自宅の電話に取り付ける自動通話録音機の無償貸出も行っている。今春からは家庭での防犯対策支援として、カメラ付きインターホンや防犯カメラなど、住宅の防犯対策品の購入・設置費用の一部を補助する「住まいの防犯対策臨時補助金」の第2弾の受付も開始する予定。

八王子版のトップニュース最新6

一般会計が過去最大

八王子市当初予算案

一般会計が過去最大

子ども関連で独自施策も

2月22日

マリアナ政府から表彰

帝京大中山教授

マリアナ政府から表彰

歴史理解や観光PRに寄与

2月22日

七国スピリッツ、全国へ

タグラグビー

七国スピリッツ、全国へ

連続11回出場 全勝が目標

2月15日

前年比で5千万円増

八王子市内特殊詐欺被害額

前年比で5千万円増

高尾警察署管内は倍に

2月8日

「おいしい食べ方、伝えたい」

市内農家菱山さん

「おいしい食べ方、伝えたい」

食育ソムリエとして表彰

2月8日

八王子市が新たな船出

八王子市が新たな船出

市長の退任式・初登庁

2月1日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

その人らしい暮らしを提供する

270か所余の「介護事業所」を運営

https://jala.co.jp/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook