神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2024年3月14日 エリアトップへ

認知症でも暮らしやすく 八王子「練り歩き隊」が大賞

社会

公開:2024年3月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
東京国際フォーラム(千代田区)で行われた表彰式 =市提供
東京国際フォーラム(千代田区)で行われた表彰式 =市提供

 市内に住む認知症当事者が地域の図書館やスーパー内を歩いて、案内表示など施設を利用する上で利用しづらい点などを指摘する「練り歩き隊」の活動が、このほどNHK厚生文化事業団による「第7回認知症とともに生きるまち大賞」を受賞した。

 認知症になっても安心して暮らせるまちづくりの取り組みを毎年募り、表彰するもの。今回は全国から27件の事例が寄せられ、「共生社会に向けた先駆性、オリジナリティがあるか」「認知症当事者が望む活動を本人も一緒に進めているか」などを基準に認知症の専門家らが選考を行い、練り歩き隊を含む5つの活動が大賞に選ばれた。

 練り歩き隊は認知症当事者と、彼らをサポートするデイサービス事業者・高齢者あんしん相談センターの認知症地域支援推進員・行政・企業や学生ボランティアからなる。中央図書館(千人町)とイトーヨーカドー八王子店(狭間町)で活動しており、借りたい本を探したり買い物をする中で不便を感じた点を施設側に伝えて、施設側もその意見を参考に利便性の向上に役立てている。

 認知症の症状には記憶障害のほか、理解力や判断力の低下もある。これまでの指摘で階段やトイレの案内表示を増やしたり、視覚的に分かりやすいピクトグラムを採用するなどの改善が行われた。またイトーヨーカドーでは駐車場内の案内表示を遮る雑草の草刈りなども、施設側と一緒に定期的に行っている。

 「認知症当事者を中心に置き、成果が誰にも見える」「活動に関わる人や団体に『ともに生きる』という共通の思いが生まれている」ことなどが受賞の理由となった。

広がりに期待

 各施設での「練り歩き」は2〜3年前、ほぼ同時期に始まった。図書館では「認知症になっても今まで通りに利用したい」という利用者の声に応える形で、イトーヨーカドーでは認知症サポーター養成講座を受講した従業員が「買い物をする上で困っていることがあるのでは」と認知症当事者を招き、聞き取りの機会を設けたことがきっかけとなった。練り歩き隊で活動する当事者は「この取り組みが広がれば、誰もが暮らしやすいまちになる」と期待し、活動を続けていく。

分かりやすく変更された図書館の案内表示 =市提供
分かりやすく変更された図書館の案内表示 =市提供

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

八王子版のトップニュース最新6

避難所運営に女性視点を

能登半島地震から半年

避難所運営に女性視点を

地域組織の隊長「ほぼ男性」

5月16日

継続摂取で健康改善

明治ヨーグルト

継続摂取で健康改善

市内小学生対象に調査

5月16日

八王子は「要自然減対策」

八王子は「要自然減対策」

自治体の持続可能性分析

5月9日

自転車シェアで「CO2削減を」

自転車シェアで「CO2削減を」

創価大生の提言で導入

5月9日

70年の節目を祝う

トヨタ東京自動車大学校

70年の節目を祝う

整備士2万7千人を輩出

5月2日

浸水対策工事が完了

八王子市役所

浸水対策工事が完了

南浅川の氾濫を想定

5月2日

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook