さがみはら南区版 掲載号:2017年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

250回 節目の釣り堀 教育

2月11日・12日

「釣り堀おじさん」こと野口さん
「釣り堀おじさん」こと野口さん
 相模台在住の野口徹也さん(83)が子育てボランティアの一環として、2004年から相模原麻溝公園で続けてきた「釣り堀遊び」が、今週末の開催で250回を迎える。

 基本的に晴天の日曜・祝日に開催され、公園内に水を模したブルーシートを敷き、野口さんが丁寧に描いたクリップ付の魚のイラストが並べられる。アジやイカ、毛ガニ、クラゲなど、その数は現在1500匹。子どもたちは磁石のついた竿で、無邪気に釣り上げて楽しめる。

 250回目となるこの2日間は、「大人向けの釣り堀」も開催。魚ではなく「魚へんの付く漢字」を釣ることができるという。「子どもたちの喜ぶ姿が見られるのが幸せで、ここまで続けてこられた。今回は多くの親子に来場してほしい。できれば300回を目指したいので手伝ってくれる人も募集したい」と野口さん。

 朝8時30分頃から午後3時まで。参加費は無料。問合せは野口さん【電話】042・747・9622へ。

関連記事powered by weblio


さがみはら南区版のローカルニュース最新6件

さがみはら南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク