さがみはら南区版 掲載号:2017年4月20日号

相模原南警察署長に就任した

泉山 栄治さん

相模大野在住 57歳

署員、地域と繋がりまい進

 ○…警備公安や県央地区の警察署、公安第三課長など県内各地で勤務。これまで幾多の困難を潜り抜けたであろう人物は、驚くほどに朗らかだ。「純粋な憧れだった」と生まれた岩手の地で志し、気づけば39年。警察官人生を「やめるなどとは一度も思わなかった」と振り返る。その上で、「でもやっぱり、辛くて枕を濡らした夜もありましたよ」と若い頃を思い出し笑みをこぼした。

 〇…勤務地となったのは、またしても「県央エリア」。これまでに厚木、大和など県下トップクラスの通報件数の署を歩んだ経験を、「同じく事件事故の多発地域である相模原でも活かしたい」とあくまで前向きな姿勢だ。近年、区内の大きな課題である、自転車盗難・事故や振り込め詐欺をいかに未然に防ぎ減らせるか。「市と市内の4警察署がいかに連携できるかがポイントかと思います」

 〇…息子、娘も同じ道を歩んでいる。図らずも同じ県警だ。「まさか娘までとは。いやでも耳に入ってきますから気になりますね」と微笑む。趣味のマラソンは40歳まで現役で、「2時間28分」と記録を持つ。”引退した”今も、週に1、2回程度は15Kmジョギングし、30分の筋トレは毎朝続けている習慣となっている。

 〇…「風通しの良い場に」。会話の中で幾度となく出てくるフレーズは、自身のモットーで、かつ、目指す署の有り方という。「すれ違った時なんかでも私から声掛けするようにしています」。そして残り数年となった警察官人生で徹底したい取組として「震災への対策」をあげた。発生した際の警備本部立ち上げまでの迅速な対応、交番勤務署員との連携。同時に、自治会など地域とも連携し、被災情報などを収集し周知する。そのようなシステム作りにまい進したいと意気込む。「前任者の流れを大切にしながら、住民の皆さんがより安全・安心を実感できるよう署員と共に知恵を絞り、汗を流したいですね」

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

山嵜(やまざき) 一也さん

「東京五輪へ向けた街づくり」をテーマに、市民・大学交流会の講師を務める

山嵜(やまざき) 一也さん

5月18日号

井戸 和宏さん

さがみはら認知症サポーターネットワーク(さがサポ)を運営するNPO法人Link・マネジメントの代表を務める

井戸 和宏さん

5月11日号

稲場 純さん

(株)リガルジョイント社長で、4月に相模原市青年工業経営研究会(青工研)の会長に就任した

稲場 純さん

4月27日号

佐藤 暁(さとし)さん

南区長に就任した

佐藤 暁(さとし)さん

4月13日号

横山 芙実(ふみ)さん

修了制作「私の子どもたち」がギオン相模原大賞、女子美術大学美術館賞を受賞した

横山 芙実(ふみ)さん

4月6日号

刈川 圭祐(けいすけ)さん

地元出身アーティストとしておださがさくら祭りでオリジナルソングを披露した

刈川 圭祐(けいすけ)さん

3月30日号

関連記事(ベータ版)

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/