さがみはら南区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

「柿の豆。」販売開始豊国屋の新商品

経済

 相模原大豆とお酒のお店「豊国屋」(新戸)が、美濃屋あられ製造本舗(横浜市)の協力のもと、津久井在来大豆の炒り豆と柿の種を合わせた新商品を開発した。7月27日号の本紙や同店のフェイスブックなどで商品の名称を募集したところ、全国から多数の応募が寄せられ、その中から「Soyヤー!柿の豆。」=写真=に決定。10月から同店で販売がスタートした。

 価格は小袋8個入り85グラムで税込399円。店主の岡本政広さんは「あっさりした大豆に合わせて柿の種を通常よりも濃い味に開発してもらった。一緒に食べた時に相性がいいと購入者からは好評を得ています」と話している。問合せは豊国屋【電話】046・251・0048へ。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6件

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バリアフリーで上映

映画「この世界の片隅に」

バリアフリーで上映

11月24日 ここdeシネマ

11月24日~11月24日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク