さがみはら南区版 掲載号:2017年11月16日号
  • googleplus
  • LINE

アメリカで開催されたトライアスロンのワールドカップ・サラソタ大会で優勝した 井出 樹里さん 相模原市在住 34歳

「世界一」8歳の夢、目標に

 〇…「オリンピックで一番になる」――。母を喜ばせたい一心で水泳に打ち込み始めた8歳の頃、おぼろげに抱いた夢。誰もが「それは無理だ」と言ったが、母だけは信じてくれた。10月にアメリカで行われたW杯で6年ぶりの優勝、あらためて世界にその名を轟かせた。「トライアスロンを始めて12年。五輪を経験し、様々な挫折を経て確かな力がついていると実感しています」。少女の「夢」は今確かな「目標」となって、2020年の一番輝くメダルを見据えている。

 〇…夏休みには家族で海に行き、泳いで過ごした。戻ってきても「もっと泳ぎたい」と願い、地元のスイミングスクールへ通って水泳に没頭。中学、高校では全国大会出場を果たすも18歳で引退を決意する。しかし、心に穴が開いたような気持ちになり、玉川大学で陸上の長距離に転向した。練習を見たトライアスロンコーチの勧めもあり、卒業後はトライアスロンに挑戦。2年半後の北京五輪では日本人最高位の5位。ロンドン五輪にも出場した。昨年1月からはスポーツクラブNAS(株)に所属している。

 〇…「寝る、食べる以外は練習しています」というように、朝から晩まで練習漬けの日々を送る。市内に拠点を置き、さがみはらグリーンプールや相模原ギオンスタジアムを往復する。練習後に帰宅し、共に暮らす母との夕食は一日の穏やかな息抜きにも。「母は小さい時から変わらず、今もサポートしてくれています」

 〇…トライアスロンを始めてほどなく参戦した2007年のW杯。自転車で転倒し、背中に大きな傷を負ってしまった。連戦した次の大会で、その傷を見た他の選手が競技中に「心配しなくてもいいよ」と声を掛けてくれた。「トライアスロンは、ライバルであるはずの選手がレース中にそのような言葉をかけてくれる。たくさんの人に支えていただきながら今も競技を続けさせてもらえていることが、本当にありがたく幸せです」

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

田嶋 いづみさん

11月24日にバリアフリー上映会を行うNPO法人「ここずっと」の理事長を務める

田嶋 いづみさん

11月23日号

前田 誠一さん

相模原市の里親らで構成される「さがみの里親会」で会長を務める

前田 誠一さん

11月2日号

根本 もねさん

5枚目となるシングル「真夏のHANABIは遊びに師なし てるて姫」を発表した

根本 もねさん

10月26日号

平野 まゆさん

新イベント「相模まつり」の実行委員会「ユメカナプロジェクト」のリーダーを務める

平野 まゆさん

10月12日号

戸塚 優斗さん

9月8日にニュージーランドで行われたW杯スノーボード・ハーフパイプ第1戦で優勝した

戸塚 優斗さん

10月5日号

若林 弘泰さん

東海大相模高校出身で、夏の甲子園ベスト4入りを果たした東海大菅生高校野球部の監督を務める

若林 弘泰さん

9月21日号

プレミスト東林間さくら通り

小田急線「東林間」駅徒歩2分、暮らしやすさを追求した全193邸

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/higashirinkan/index.html?cam=63&med=44

<PR>

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク