八王子版 掲載号:2017年3月9日号

今年、創立50周年を迎えるヤマザキ学園(南大沢・ヤマザキ学園大学)の理事長・学長(博士)を務める

山崎 薫さん

都内在住 65歳

動物「看る目」育て自立生む

 ○…「まさか父よりも長く学校運営に携わることになるとは」。創始者である父親が急死し学園運営を引き継いで27年。動物看護師などを育成する私塾を学校法人化し、大学にまで拡大させた。その原動力となったのが、「命を大事にする」大切さを広く伝えたいという思い。「動物を見守ることを通して命の尊さを知ってもらいたい、それが戦争体験を経て生まれた父の考えだったので」。学長の学を「楽」と捉え走り抜けてきた。

 ○…物心ついた時から犬との生活があった。自身が辛い時、一緒に「悲しそうな顔」をして慰めてくれる、今もそんな家族であり続けている。一方で、犬には「何を望んでいるのか分からない」面もあるという。「だから、友好な関係を築くには、犬を良く観察し自分が変わらないといけないんですよ」。人とのつながりも同様と考える。学生に動物を「看守る目」をもつことを求めるのも、社会に出て活躍できる人材に育ってもらいたいという思いからだ。

 ○…教授として、人と動物の関係性について考える講義などももつ。学校経営と教育は「同義語」だという認識だ。「学生のための場所なのに、その子たちを知らなければ学園を良くすることはできない」。「カオルちゃん」――。食堂で会った学生にそう呼ばれ、一緒に写真を撮る姿は学生らのお姉さんそのもの。若い感性に触れることは毎日の刺激となると同時に「この子たちを自立させる責任がある」と自覚する時でもある。

 ○…「八王子は緑が多く人と動物が一緒に暮らしやすい街。来て良かった」。周年を感謝し4月以降、地域「貢献」イベントを数多く予定している。常に頭にあるのが学園の未来。今後10年で学校運営を安定させ、次につなげたい考えがある。「学校を離れ、自分がゼロから何ができるのかを考えるのが楽しいんです」。変化を恐れずに突き進む、それが「動物大学」という類を見ない教育機関を生んだ山崎家に伝わる家訓だ。

関連記事powered by weblio


八王子版の人物風土記最新6件

青木 訓行(のりゆき)さん

市内の自然環境や歴史文化などを、子どもたちらが「学び」「体験」できる催しの実行委員長を務める

青木 訓行(のりゆき)さん

8月3日号

朝日 智子さん

本気の創業塾女性部会「リリエ」の代表を務める

朝日 智子さん

7月20日号

伊藤 裕司さん

先月、八王子市議会議長に就いた

伊藤 裕司さん

7月6日号

デレック ウェスマンさん

J:COMの番組「八王子人図鑑」のインタビュアーを務める

デレック ウェスマンさん

6月22日号

浅原 須美(すみ)さん

「芸者衆に花束を。八王子花柳界、復活」を上梓した

浅原 須美(すみ)さん

6月8日号

保高 泰一さん

10回目を迎えるイベント「みんなちがってみんないい」の代表

保高 泰一さん

5月25日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月3日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/