八王子版 掲載号:2016年9月8日号 エリアトップへ

村内美術館 あのBMWを展示 世界遺産建築家が設計

文化

掲載号:2016年9月8日号

  • LINE
  • hatena
村内館長とイセッタ
村内館長とイセッタ

 村内美術館(左入町/村内道昌館長)は、その作品が今年7月世界文化遺産に登録されたフランスの建築家ル・コルビュジエによる車と椅子を展示している。

 展示されているのは「BMWの1号車」と言われるイセッタ300エクスポート(1958年)と、バスキュロンチェア(1928年)。

 イセッタはドアが前面にある点、丸みを帯びたデザイン、小回りがきく運転のしやすさなどが特徴。1955年からの8年間で16万台が販売され、日本でも運転する人がいたそう。もともとイタリア・イソ社のデザインでBMW社がライセンスを取得した。

原点 「革新性通じる」

 関連会社がBMWを扱う同美術館では、館のシンボルにと国内でイセッタを探し、3年ほど前から入口に飾っている。村内さんは「BMWの原点」と称え、現行のBMW車と比較し「痕跡はないが革新性などは通じるものがある」と話した。世界遺産登録については「期待していたので良かった」と喜んだ。

 同美術館は家具店「村内ファニチャーアクセス八王子」本店内3階にある。問い合わせは公益財団法人村内美術館【電話】042・691・6301へ(水曜休館)。

八王子版のローカルニュース最新6

東京八王子陵東LC

東京八王子中央LC

留学生を支援

いちょうLC

留学生を支援 社会

市会長「これだけは続ける」

7月29日号

「久しぶり」の面々に笑顔

「久しぶり」の面々に笑顔 社会

男の料理教室でハンバーグ作り

7月29日号

「八王子がいちばんTV」

新たなご当地ソング

人物風土記関連

新たなご当地ソング 文化

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter