八王子版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

京王八王子 駅前彩る 花植え活動

社会

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena
駅前通りの街路樹に植えられた花々
駅前通りの街路樹に植えられた花々

町会、商店会、小学校など 地元団体が作業

 京王八王子駅周辺の街路樹に花々を植える景観保全活動が、4年前から継続的に行われている。活動をしているのは明神町クラブ(並木勇会長)。地元町会、商店会、小学校、そして社会奉仕団体による集まりで、10月27日には今年2回目となる花植作業を実施した。

100人で景観保全

 同クラブは、駅前の東放射線アイロードの街路樹に雑草やゴミが溜り、景観が損なわれていたことから、その保全を目的に2013年、結成された。市社会福祉協議会による助成金をもとに活動を始めた。「地域の人」同士の交流も目的としている。

 活動は基本的に年3回。100人ほどが集まり街路樹45か所に季節の花々を植える。その他の日にも有志が雑草取りや水やりなどを行っている。

今年からRCも

 今年6月の活動から同クラブに社会奉仕団体「東京八王子東ロータリークラブ(RC)」(佐藤武文会長)が加わった。明神町クラブの事務局長を務める青柳浩男さんと、RCの佐藤さんがたまたま仕事を通じて親交があったことから「力になれれば」と佐藤さんが協力を申し出た。10月の活動にはRC会員15人が参加した。「町が明るく、地域が喜ぶ活動になれば」と佐藤さん。青柳さんは「(花を)大事にしてもらいたい」と話した。今後はエリアを拡大したい考えだ。

活動に参加する市立第四小学校5年生児童と佐藤会長
活動に参加する市立第四小学校5年生児童と佐藤会長

八王子版のローカルニュース最新6

中町に新たなビル

中町に新たなビル 文化

黒塀に花を添える外観

3月4日号

「神様が来た」

掛け軸持つ清水さん

「神様が来た」 経済

3月4日号

初の八王子試合

WEBで開催中

人物風土記関連

WEBで開催中 文化

消費生活フェス

3月4日号

しいたけ栽培32人が参加

上川地区

しいたけ栽培32人が参加 社会

3月4日号

あいたくなる「人」がいる

あいたくなる「人」がいる 経済

アイテレコム株式会社

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

お問い合わせ

外部リンク