八王子版 掲載号:2018年4月12日号 エリアトップへ

アイドルはやめられない? あの3人に聞く

文化

掲載号:2018年4月12日号

  • LINE
  • hatena
みずき通りで「思い出」のポーズを披露するトリオの渡邉さん、斎藤さん、長田さん(左から)
みずき通りで「思い出」のポーズを披露するトリオの渡邉さん、斎藤さん、長田さん(左から)

みずき通り名物フェス

 1995年にスタートしこれまで通算54回の開催を誇る商店会イベント「みずき通りフェスティバル」。国道16号「八日町交差点」から北へ入った「みずき通り」を歩行者天国とし、地元商店会の主催で開催される。現在は春、秋と年に2回行われており、4月22日(日)に春の回を予定している。

 ワゴンセールなどと並びそのみずき通りフェスの人気企画のひとつが「ガールズユニットフェス」。2012年から始まったもので、会場に設けられたステージで歌や踊りが披露される。現役の作詞家、作曲家など音楽関係者らが審査し、優勝者が決められる。毎回10組前後の応募があり、「ファンが盛り上げてくれる。1日だけアイドル気分になれる」と、イベントを立ち上げた商店会会員の加藤一詞(かずのり)(カトウ洋品店)さんはその魅力を話す。過去にはエイトプリンセスやチューズなど、ご当地アイドルが出演したこともある。

中学生は大学生に

 そのガールズユニットフェスに初回から昨年秋まで、合計10回以上出演しているグループがある。市内在住の斎藤鈴奈さん、渡邉朋美さん、長田(おさだ)夢菜(ゆな)さんによる「トリオ」だ。

 市立第五中学校(明神町)の同級生だった3人。出演のきっかけは斎藤さんが職場体験の授業で加藤さんの店舗を訪れたこと。加藤さんからフェスのことを聞き、「目立ちたがり」の性格から2人を誘い挑戦してみることにした。

 中2の春、初出演。コスプレをし3人が好きなボーカロイドの曲を披露。初めて人前で歌い踊りアイドルになりきった。「緊張してうまくしゃべれなかった。でも観客の人が合いの手を入れてくれて嬉しかった」(斎藤さん)

 結果は努力賞などで「悔しかった。次も出ようと思いました」。優勝をめざすが2回目も叶わず。そして中3時の秋の回、スタイルを変更。それまでは「みんなで踊って歌って」いたが、その回から斎藤さんは得意の歌、渡邉さんと長田さんはダンスに専念する形に。これが功を奏し出演3回目にして優勝することができた。「すごく嬉しかった。賞金でお肉を食べに行きました」。翌年には2度目の優勝。3人が大学生、社会人になった昨年秋までほとんどの回に出演した。「楽しいことがしたい。目立ちたいんです」(渡邉さん)。このフェスは彼女たちにとってまさに青春の1ページのようだ。

「また輝きたい」

 この春、5年ぶりにユーチューブの動画をアップした(トリオCHANNEL)。今月ある春の回には「学校行事で忙しい」ため出演しないが、「もう一回優勝したい」(長田さん)、「できるならまた輝きたい」(斎藤さん)。やっぱり「アイドルはやめられない」ようだ。

5年前の回で優勝した「トリオ」
5年前の回で優勝した「トリオ」

八王子版のローカルニュース最新6

シンボルキャラを公募

アポログループ

シンボルキャラを公募 文化

優勝作品には5万円

6月4日号

八王子からも出場可能?

八王子からも出場可能? スポーツ

全国のランナーと競える千M走

6月4日号

17日(水)、ニューアルバム

フラチナリズム

17日(水)、ニューアルバム 文化

市内企業の曲も収録

6月4日号

単行本を発行

日本オーガニックコスメ協会

単行本を発行 文化

「100%天然成分」など掲載

6月4日号

「一つの絵」となり魅了

八王子日本閣

「一つの絵」となり魅了 社会

庭園のバラが見頃

6月4日号

「アマビエ」配布中

独楽寿司

「アマビエ」配布中 社会

来店者にシール贈呈

6月4日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク