八王子版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

都議選 定数5に7人出馬か 八王子選挙区

政治

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena

 任期満了に伴う東京都議選(6月25日告示、7月4日投開票)まで3カ月を切った。本紙の調べでは、現職4、新人3の計7氏が立候補の意向を示し、定数の5議席を争う情勢だ。(4月16日起稿)

現職は4氏

 現職は東村邦浩氏(59・公明党)、両角穣(もろずみみのる)氏(59・都民ファーストの会)、滝田泰彦氏(38・都民ファーストの会)、伊藤祥広(しょうこう)氏(52・自由民主党)の4氏が出馬を明言。6期目を務めている清水秀子氏(69・日本共産党)は不出馬の意向だ。

 一方、新人は西山賢(まさる)氏(44・自由民主党)、青栁有希子氏(42・日本共産党)、須山卓知(たかし)氏(40・立憲民主党)が名乗りを上げている。

 前回トップ当選の東村氏は6期目の挑戦。2016年から都議会公明党の幹事長を務めている。子育てや働きやすい社会づくり、命と健康と暮らしを守ること、にぎわいと活力あるまちづくりを政策に掲げる。

 3期目に挑む両角氏は都民ファーストの会総務会長代理を務めている。安心して暮らし続けられる社会の実現、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の推進、コロナ後の新しい時代への対応を訴える。

 滝田氏は2期目の挑戦。都民ファーストの会東京都議団政務調査会長代行を務めている。「都政を前の状態に戻さないこと」と改革を訴え、コロナや防災対策、またスマートシティ化の進行を政策に掲げる。

 伊藤氏も2期目に挑む。自民都連青年局相談役を務めている。新型コロナ禍における医療充実や経済支援、防災対策、町会活動支援、産業やスポレクの振興など「八王子の都政の課題解決に力を入れる」としている。

新人3氏

 西山氏は八王子市の出身で、現在は八王子市議会議員を務めている(2期目)。「市民の声を大切にする」とし、「家族、地域、経済を想い、八王子の未来を切り拓き安心して暮らせる社会をめざす」としている。

 青栁氏は福島県の出身で、現在は八王子市議会議員を務めている(3期目)。今回は現職の清水氏からバトンを受け取る考えで「新病院の独立行政法人化をやめさせ、多摩地域の小児救急を充実させたい」と訴える。

 須山氏は府中市の出身で、現在は府中市議会議員(3期目)。医療体制と子育て支援の強化を掲げ、「都立多摩産業交流センター(来春竣工)を活用した中小企業のモノづくり」でのまちの活性化を図るとしている。

 このほか日本維新の会からも候補予定者擁立の動きがある。

 前回都議選(2017年)は定数5に対し9氏が立候補した。
 

八王子版のトップニュース最新6

100年の歩み、脈々と

八南歯科医師会

100年の歩み、脈々と 社会

八王子など4市 373会員に

8月11日号

八王子市が都内初

日本子育て支援大賞

八王子市が都内初 社会

大学教員の講座など評価

8月11日号

小中生、SNS方針へ提言

小中生、SNS方針へ提言 社会

市教委 新サミットに74人

8月4日号

「浴衣で、まち巡って」

八王子七福神会

「浴衣で、まち巡って」 文化

8カ所 初の夏開催

8月4日号

覆殿 120年ぶり修復

八王子神社

覆殿 120年ぶり修復 文化

台風被害、日本遺産認定受け

7月28日号

にぎわいにブレーキ

高尾山

にぎわいにブレーキ 社会

6月までは復調傾向

7月28日号

あっとほーむデスク

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 7月21日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook