八王子版 掲載号:2022年5月19日号 エリアトップへ

星槎八王子 高校にキャンプ場、大好評 市内企業製品レンタルも

教育

掲載号:2022年5月19日号

  • LINE
  • hatena
学校が休みとなる週末に開くキャンプ場=同所提供
学校が休みとなる週末に開くキャンプ場=同所提供

 元八王子の通信制高校、星槎国際八王子の敷地内に4月30日、オートキャンプ場「キャンプ パーク ラフト」がオープンした。すでに6月末まで予約が埋まる好評ぶりで話題となっている。

 同所を運営するのは、同校の生徒と星槎大学の学生らが立ち上げた「ラフトプロジェクト合同会社」。同校の授業を事業化する目的で、今年3月に法人化された。

 同所には10区画のテントサイト、トイレや炊事場がある。学校施設のログハウスで泊まれるほか、酒類の持ち込みや焚き火台などの使用も可能。「一般的な」キャンプサイトと変わらないという。同所の代表を務める伊藤叶太さん(同大2年)は、「うれしい悲鳴。『学校だからできない』をなくすことにこだわった」と強調する。

1カ月で事業化

 きっかけは、2月に実施した3年生の課外授業。コロナ下で中止となったスキー実習の代替企画として、敷地内でキャンプを行おうと、教員たちが整備に従事。キャンパス長の平澤晶子さんは「これは一般の人も呼び込める」という直感が働いたという。アウトドア好きの伊藤さんに声をかけ、すぐに事業化に向けて動いた。

 3月中旬にはキャンパーを招いたモニター調査を実施。「洗い場はお湯が出た方がいい」「灰やごみ回収をしてほしい」など、寄せられた意見を採用している。

 さまざまな機能を持つキャンプ場はSNSでも話題になり、「1時間程度で行ける」と都心から訪れる人が多いという。さらに、キャンプギアのレンタルも行っている。焚き火台や中華鍋、鉄板、コーヒー抽出器具、調味料なども市内企業が作るものをそろえた。

 伊藤さんは「カッコいいギアばかり。八王子市内のアウトドア用品がこんなに熱いとは。キャンプ用品を持たない人も楽しめる珍しい場所。皆さんと八王子のアウトドア文化を盛り上げたい」と意気込んだ。

代表を務める伊藤さん
代表を務める伊藤さん

八王子版のローカルニュース最新6

まつり中止でも提灯

まつり中止でも提灯 文化

市役所通り彩る370燈

8月11日号

高尾山で森の妖精

高尾山で森の妖精 文化

8月中旬ごろまで

8月11日号

「空襲・疎開・弟の死」

「空襲・疎開・弟の死」 社会

中村 友子さん

8月11日号

電鉄社長に都村氏

京王グループ

電鉄社長に都村氏 経済

各社、人事を発表

8月11日号

オペラの魅力、凝縮

神奈フィル

オペラの魅力、凝縮 文化

秦野公演 10組20人を招待

8月11日号

「語学ボラ」研修で学ぶ

「語学ボラ」研修で学ぶ 文化

9月3日

8月11日号

あっとほーむデスク

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 7月21日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook