神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2024年3月21日 エリアトップへ

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空 第6回 作者/前野 博

公開:2024年3月21日

  • X
  • LINE
  • hatena

 (前回からのつづき)

キミは父親を十七歳の時に亡くした。妹が三人、兄が一人、母親は家事をするので手一杯、兄とキミとで床屋を続け、何とか一家の生活を支えていた。

 その兄に召集令状が来た。兄がいたから、何とか床屋の仕事をこなしてきた。一人で切り盛りしなければいけないと思うと、キミは目の前が暗くなった。

 「姉ちゃん、わたしも手伝うから、頑張ろうね!」

 妹にそう言われても、何の励みにも手助けにもならなかった。でも、働かなくては、食べてはいけない。昔からの客は、娘たちに同情して、散髪に来てくれた。客の方も、一、二度は、下手でも我慢してくれるが、限界は目に見えていた。

 そんな時、父親の親友であった、山村理容店の主人が、大野理髪店に援助の手を差し伸べてくれた。父親が死んだ時も、何かと手助けしてくれた。今度は、その時以上に、キミを助けてくれたのであった。

 「由江ちゃんが、手伝いに来てくれるの?」

 「そうよ、山村の旦那が、大野の床屋へ、暫く行って、手伝ってこいと言うのよ」

 キミは、父親の存命中、山村理容店によく連れて行かれた。その頃から、由江は山村理容店に見習い住み込みとして働いていた。由江とキミはすぐに仲良しになった。理容師としては、他人の飯を食べて、修業を積んだ由江の方が、キミより上であり、一人前であった。

 「由江ちゃん、ありがとうね! 山村の旦那には、本当に感謝していますよ」

 キミの母親は、これで何とかやっていけると、胸を撫でおろした。由江は、山村理容店から大野理髪店に通って働いた。由江の給料は、山村理容店から出ていた。山村は若い時に、キミの父親に生命に関わることで助けてもらったことがあった。山村は、その恩を忘れなかった。

 キミの兄が戦地ニューギニアから、最後の病院船に乗せられて日本に帰って来たのは、昭和十八年のことであった。

〈つづく〉

◇このコーナーでは、揺籃社(追分町)から出版された前野博著「キミ達の青い空」を不定期連載しています。

八王子版のコラム最新6

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第9回 作者/前野 博

6月13日

創価女子短大の場合

学びの先端って、どこ?

創価女子短大の場合

第12回(最終回) 変わること、変わらないこと

6月6日

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第8回 作者/前野 博

5月9日

創価女子短大の場合

学びの先端って、どこ?

創価女子短大の場合

第11回 最近の若者は

5月9日

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第7回 作者/前野 博

4月11日

創価女子短大の場合

学びの先端って、どこ?

創価女子短大の場合

第10回 「学ぶ姿勢」は年齢不問

4月4日

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook