さがみはら南区版 掲載号:2011年1月6日号
  • googleplus
  • LINE

新駅今年判明? 市「着工から逆算」

 JR東海が2027年に東京・名古屋間、2045年に東京・大阪間の開業を目指す「リニア中央新幹線」。時速500Kmで走行する超伝導磁気浮上式リニアモーターカーを導入すれば東京・名古屋間を約40分、大阪間を約67分で結ぶことが可能になるという。

 JR東海では、沿線各県に1駅ずつ設ける構想を示しており、それを受けて松沢成文神奈川県知事は相模原市域への新駅誘致を表明。JR他3線が乗り入れる橋本駅と米軍相模総合補給廠の一部返還が決まった相模原駅周辺が候補地に挙げられている。橋本駅では、地元住民らで新駅誘致の促進同盟会を組織し、積極的な活動を行っており、今後も継続して誘致のPRを行っていくという。また相模原駅では、補給廠の返還に伴い、小田急多摩線の延伸を含めたまちづくり計画が進められており、新駅への期待が高まっている。

 JR東海では、新駅を設置する場合、神奈川と奈良には、地下駅を想定しているという。地下駅の建設費は約2200億円と試算しており、「新駅が設置される自治体で全額負担してほしい」との見解を示す。相模原市交通政策課では、「市として動いていることは今のところはない。2014年に着工されると考え、逆算していくと、準備などがある。早ければ今年、来年にはどこに新駅ができるか分かる可能性がある」としている。
 

さがみはら南区版のローカルニュース最新6件

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク