さがみはら南区版 掲載号:2011年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

大野台公民館でコンサートを続けるピアニスト イリーナ・メジューエワさん 東京都新宿区在住 35歳

来日13年「ここで演奏全うする」

 ○…昨年、ショパンのノクターン21曲を収録したCDが、レコードアカデミー賞(音楽の友社)の器楽部門賞に輝いた。その公演活動は全国のコンサートホールにとどまらない。大野台公民館(南区)では2000年以来、毎年4月、ミニリサイタルや小中学生対象の一日音楽教室を開催。自らマイクを握り、流暢な日本語で子どもたちと接する。

 ○…「暗譜が常識」の舞台上でも、譜面を見ながら弾く姿勢を貫く。ある時、練習中に譜面を意識して弾いてみたら、「あまりにも作曲者の指示を省みずに、自分の感情に任せて弾いていたことが分かった」。実は、20世紀最大のピアニストと称されるリヒテルも晩年は舞台で譜面を見ることがあり、「若いうちに楽譜を見て弾く習慣をつけなさい」という言葉を遺している。「偉大な先輩の経験に基づく助言を大切にしたい」と以来、それを実践している。

 ○…国際コンクール優勝をきっかけに1992年、ヨーロッパを中心に公演活動を開始。初来日は95年。「言葉や文化はまったく分からないのに、なぜか『帰ってきた』というか、アットホームな感じがした」。2年後、結婚を機に、日本に拠点を移した。今では、月に1度は歌舞伎へ通うほどの伝統文化通だ。贔屓は「(中村)吉右衛門!」と目を輝かせる。

 ○…震災後、「地面が動くこと自体が、ありえない」という母国の両親から帰国を促すメールが届いた。「日本文化には他の国にはない柔軟性や多様性がある。それは『地面が揺れる』という風土の影響もあるのではと思いました」。最近、ドイツに留学しているという日本人の音大生から「中学生のころ、あなたのコンサートを聴いて、音楽の道に進もうと決めた」と手紙が来た。「大切なのは、ひとつの仕事をやり続けること。続けることで夢も見えるのでは」。だからこそ「人生を全うする場所はここ(日本)」と断言する。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

英語劇ミュージカル「A〜主役は“A”」を28日に相模原南市民ホールで開催する

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

1月25日号

とどろきちづこさん

イラストレーターで、桜台美術館で作品の一般公開を行う

とどろきちづこさん

1月18日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク