さがみはら南区版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

ヒップホップダンス世界大会で優勝した 茂木(もぎ)七海(ななみ)さん 市立旭中学校2年生

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena

ハッピーダンスで世界一

 ○…R&B、ラップなどの音楽に合わせ、リズムをとりながら華麗に踊る「ヒップホップダンス」。8月5日からラスベガスで開催された「ワールドヒップホップダンスチャンピオンシップ」に、日本代表として出場した「J,B,STAR Varsity」の最年少メンバーとして参加。世界各国から48チームが出場したバーシティ部門(13歳〜17歳)で、見事世界一に輝いた。予選を2位、準決勝をトップで通過し、挑んだ決勝の舞台は「緊張もなく楽しめた」と話す通り、最も観客を沸かせるパフォーマンスで優勝。「先輩たちの『絶対世界一になる』という熱気についていくのが大変だったけど最高の結果になって嬉しい」と喜ぶ。

 ○…大会で披露したダンスのコンセプトは「ハッピーダンス」。「観客、踊っている選手がともに楽しくなるようなダンスにしたい」と、夏休みに入ってからは毎日練習を重ねレベルアップを図ってきた。特に振付に取り入れたバク転などの大技を、踊りの流れの中で表現するのに一苦労。「練習が厳しく、体中傷やあざだらけですね」と笑いながら振り返る。

 ○…小学校1年生からダンスを始め、高学年になってその楽しさに気づいた。通っているダンス教室を運営するスポーツクラブが全国の選抜チームを結成。それに選ばれ、「全国のレベルの高さを知り、ダンスの楽しさとその奥深さがわかった」と、ダンスの魅力にひきつけられていった。世界一となったことで、来年以降は世界の強豪を迎える立場になる。「今度は後輩たちに、私の経験を伝えていきたいですね」

 ○…両親と弟の4人家族。学校ではクラスの学級委員を務め、「学校の友だちと話すのが癒される時間」と話す、体を動かすのが大好きなスポーツ万能な中学生だ。「今はダンスをしているのが一番。将来はプロのダンサーかインストラクターになりたい」と夢を語ってくれた。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

安達 弘樹さん

神奈川県行政書士会相模原支部の支部長に就任した

安達 弘樹さん

南台在勤 47歳

6月24日号

寺田 弘子さん

相模原市議会第49代議長に就任した

寺田 弘子さん

大野台在住 67歳

6月17日号

小林 俊通さん

開設25周年を迎えた「カナコー天文台」の世話役を務める

小林 俊通さん

大野台在住 64歳

6月3日号

上原 すずさん(本名:宮前 磨美さん)

声優・ラジオパーソナリティで、「おうちde第48回市民桜まつり」でさがみはら絵本「なつのおと」を朗読した

上原 すずさん(本名:宮前 磨美さん)

緑区大島在住 34歳

5月27日号

石井 彩さん

区内にある福祉施設のデザインを手掛ける

石井 彩さん

女子美術大学卒業 23歳

5月20日号

西田 周三さん

「かみつるま てくてくマップ」のイラストを手掛けた

西田 周三さん

上鶴間本町在住 75歳

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter