さがみはら南区版 掲載号:2017年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

個展「見捨てられた牛―フクシマより―」を銀座のギャラリーで開く 戸田 みどりさん 新磯野在住 67歳

生命の輝き、伝えたい

 ○…人間の作った原発により被ばくし、殺処分されなければならない牛たち。そんな彼らにエサを与え、守り続けている牧場が福島県浪江町にある。「希望の牧場」―、ある写真家の展示で存在を知り、一昨年、スケッチのために泊まりこんだ。新鮮なエサもなく、人手も足りない。糞尿だらけの小屋で、それでも力強く生きようとする命の輝き。優しい瞳に涙が溢れ、申し訳ない気持ちで必死に筆を動かした。それから2年、ようやく描き上がった作品15点を、2月27日から銀座の井上画廊で展示する。

 ○…「私、いじめられっ子だったの」と屈託なく笑う。厳格な父親のもと、考えること、意見することすら否定され、「今思えば、思考停止状態だったのかな」。仕事の都合で転勤を繰り返したことも内向的な性格に拍車をかけた。そんな少女時代の支えとなったのが、幼稚園の先生が絵をほめてくれたこと。「絵を描くことが唯一、自分を外に表現する手段だったから。救われた気がしたんです」。その後は美術の道にまい進。女子美術大学に進学した。

 ○…24歳で結婚。2人の子どもに恵まれたが、「絵を描くことに没頭するあまり、子育てを疎かにしてしまった」と反省しきり。特に、お子さんに『給食の方が私の料理より美味しい』と言われてしまったことに対して「母親失格です」とうなだれる。それでも昨年には初孫が誕生。毎月1回は顔を見にいくのだとか。「本当に可愛くて美しくて。見とれてしまって、唯一絵にできないモデルです」

 ○…これまでは「水」や「癒し」を題材にすることが多かったが、伝えたいことが変化してきたと感じる。「どういう方向に進むのか、自分でも分からない。ただ、被写体が『描いて』と訴えてくることがある。今回の個展テーマもその一つ。力強くかけがえのない生命を、多くの人に見てもらいたかった」。日本画家として、自身を伝え続ける旅は終わらない。

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

とどろきちづこさん

イラストレーターで、桜台美術館で作品の一般公開を行う

とどろきちづこさん

1月18日号

小山 龍次さん

このほど、公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の理事長に就任した

小山 龍次さん

1月11日号

田邊 真美子さん

南区「はたちのつどい」実行委員長を務める

田邊 真美子さん

1月4日号

塩見 泰隆さん

プロ野球・東京ヤクルトスワローズにドラフト4位で入団した

塩見 泰隆さん

1月1日号

真壁 伸吾さん

北里大学医学部にオーケストラを創設し、市内で第一回定期演奏会を開催する

真壁 伸吾さん

12月14日号

田嶋 いづみさん

11月24日にバリアフリー上映会を行うNPO法人「ここずっと」の理事長を務める

田嶋 いづみさん

11月23日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク