さがみはら南区版 掲載号:2017年11月23日号 エリアトップへ

11月24日にバリアフリー上映会を行うNPO法人「ここずっと」の理事長を務める 田嶋 いづみさん 相模大野在住 62歳

掲載号:2017年11月23日号

  • LINE
  • hatena

地域での共生めざして

 ○…「視覚障害、聴覚障害を持つ人にも大きなスクリーンで映画を楽しんでもらい、その雰囲気を健常者と一緒になって味わってほしい――」。そんな思いから始めた「バリアフリー上映会」も8回目を迎える。明日24日には相模女子大学グリーンホールでアニメ映画『この世界の片隅に』を上映する。「全ての人が同じ空間で映画を観て、泣いて笑って感動を分かち合う。そんな活動があることを知ってほしい」と意気込む。

 ○…静岡生まれの愛知育ち。大学進学を機に上京し、都内で働くも結婚、妊娠を機に相模原に移り住んだ。出産後、「子ども達に安全なものを食べさせたい」との思いから、無農薬の甘夏を近隣の人達と共同購入。「その時の購入先が水俣市で。届いた段ボールに書かれていた『人に毒を食わされた者が、人に毒を食わせられん』の文に興味を引かれ調べ始めた」という。子どもと共に水俣へも旅行。写真展や現地の人の話に心動かされ、「水俣」を全国の子ども達に伝える事業に参加するようになった。

 ○…見慣れた風景のなかで、日常の暮らしを送ることが簡単ではないことを、東日本大震災と原発事故によって知った。そこで2011年に「ここでずっと暮らしたい」との意味を持つ任意団体「ここずっと」を設立。環境をテーマにした講座やドキュメンタリー映画の上映会などを実施してきた。バリアフリーを目指し、自分たちで字幕や音声ガイドの作成も行っている。「この街で暮らして良かったと、一人でも多くの人に思ってもらいたいです」

 ○…今回の上映会では、目の不自由な人は事前連絡をすれば相模大野駅から会場まで誘導、耳の不自由な人には手話通訳と筆談で受付、障害者の付添いの人は入場料を無料にするなど、これまでの経験や声をもとに新たな試みも試している。「一般の人にも音声ガイド付で映画を観てもらいたい。きっと新しい発見があるはずですよ」と微笑んだ。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

原 和彦さん

新たに相模原市消防団長に就任した

原 和彦さん

中央区東淵野辺在住 60歳

5月28日号

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

緑区川尻在住 34歳

4月2日号

城ヶ滝 一朗さん

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した

城ヶ滝 一朗さん

中央区在住 42歳

3月12日号

藤井 和子さん

鳥に関するエッセイ集「とり・トリのおはなし」を出版した

藤井 和子さん

東林間在住 74歳

3月5日号

伊勢 真一さん

相模女子大学グリーンホールで上映される『えんとこの歌』を監督した

伊勢 真一さん

町田市在住 71歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク