さがみはら南区版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

市内初の市民向け「障害平等研修」を行う団体A・RU・YOの実行委員長を務める 安西 祐太さん 横浜市在住 30歳

誰にでも優しい街に

 ◯…サッカーに夢中になっていた中学時代。練習中、右足を複雑骨折する大怪我を負った。手術、そして入院。「サッカーはもう無理だろう」、折れた心を励まし、寄り添ってくれたのが理学療法士だった。半年に渡る地道なリハビリの末、スパイクを履き、ピッチに戻れた。しかし、長期のブランクは埋めがたく、サッカー選手の夢は断念。その後は新たな夢に向けてまい進し、今は理学療法士として活躍する。

 ◯…医療、介護従事者で構成される「相模原市医療・福祉交流会」のメンバーで立ち上げた団体「A・RU・YO」の実行委員長。障害者や高齢者が外出しやすい街づくりをめざし、飲食店などを回っては店舗の個性に合わせたバリアフリーなどを一緒に考える活動をしている。12月2日には市内初となる「障害者平等研修」を開催。障害者が進行役を務めて体験談などを伝え、参加者に自分の身の回りのことに置き換えてもらう。「高校生から88歳まで定員を大きく上回る応募があり、満員となりました。意識を変えるきっかけになれば嬉しいですね」

 ◯…19歳の時にオートバイの「スーパーカブ」に乗り、1カ月かけて日本を一周した。「寝場所を提供してくれたり、おみやげをくれたり、出会った人の優しさが身に染みた」と微笑む。皆が自然に声をかけあえ見守ってくれる街、誰もが障害者に優しくできる街―、体験を通じて生まれた理想が活動の原点だ。

 ◯…一昨年7月26日未明、自身の誕生日に起きた忘れられない事件。それも一つのきっかけとなった。今年も事件発生と同時刻、献花に訪れたという。「忘れたい人、忘れたくない人、気持ちも分かるし複雑です。でも、相模原から本当の『共生』を発信すること、それは意識していきたいです」

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

吉田 惠一さん

市内での夜間中学の新設をめざす「相模原の夜間中学を考える会」の代表を務める

吉田 惠一さん

3月21日号

石田 みなみさん

今季、女子サッカチーム「ノジマステラ神奈川相模原」の主将に就任した

石田 みなみさん

3月14日号

三浦 文丈(ふみたけ)さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した

三浦 文丈(ふみたけ)さん

2月28日号

渡邉 亜矢子さん

自身の経験をもとに、24時間対応で犬の預り、送迎サービスを始めた

渡邉 亜矢子さん

2月21日号

松下 龍太さん

相模原商工会議所青年部(相模原YEG)創立50周年記念事業の実行委員長を務める

松下 龍太さん

2月14日号

草野 百花(ももか)さん

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月21日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク