さがみはら南区版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

市内初の市民向け「障害平等研修」を行う団体A・RU・YOの実行委員長を務める 安西 祐太さん 横浜市在住 30歳

誰にでも優しい街に

 ◯…サッカーに夢中になっていた中学時代。練習中、右足を複雑骨折する大怪我を負った。手術、そして入院。「サッカーはもう無理だろう」、折れた心を励まし、寄り添ってくれたのが理学療法士だった。半年に渡る地道なリハビリの末、スパイクを履き、ピッチに戻れた。しかし、長期のブランクは埋めがたく、サッカー選手の夢は断念。その後は新たな夢に向けてまい進し、今は理学療法士として活躍する。

 ◯…医療、介護従事者で構成される「相模原市医療・福祉交流会」のメンバーで立ち上げた団体「A・RU・YO」の実行委員長。障害者や高齢者が外出しやすい街づくりをめざし、飲食店などを回っては店舗の個性に合わせたバリアフリーなどを一緒に考える活動をしている。12月2日には市内初となる「障害者平等研修」を開催。障害者が進行役を務めて体験談などを伝え、参加者に自分の身の回りのことに置き換えてもらう。「高校生から88歳まで定員を大きく上回る応募があり、満員となりました。意識を変えるきっかけになれば嬉しいですね」

 ◯…19歳の時にオートバイの「スーパーカブ」に乗り、1カ月かけて日本を一周した。「寝場所を提供してくれたり、おみやげをくれたり、出会った人の優しさが身に染みた」と微笑む。皆が自然に声をかけあえ見守ってくれる街、誰もが障害者に優しくできる街―、体験を通じて生まれた理想が活動の原点だ。

 ◯…一昨年7月26日未明、自身の誕生日に起きた忘れられない事件。それも一つのきっかけとなった。今年も事件発生と同時刻、献花に訪れたという。「忘れたい人、忘れたくない人、気持ちも分かるし複雑です。でも、相模原から本当の『共生』を発信すること、それは意識していきたいです」

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

遠藤 春仁(はると)さん

ウェイクシリーズ アマツアーの総合ランキング1位を獲得し、プロに昇格する

遠藤 春仁(はると)さん

12月6日号

石井 重次(じゅうじ)さん

「2018年度(第25回)日本グランドシニアゴルフ選手権」で優勝した

石井 重次(じゅうじ)さん

11月22日号

沖 美紀さん

「第10回 フラワーデザインコンテスト クイーンズカップ」のプリザーブドフラワー部門で優勝した

沖 美紀さん

11月15日号

三宅 裕志さん

共同研究「シーラカンスプロジェクト」で北里大学側の総監督を務める

三宅 裕志さん

11月8日号

古戸 弘さん

がんを患いながらも、このほど21世紀国際書展で文部科学大臣賞を受賞した

古戸 弘さん

11月1日号

椎木(しいき) ゆうたさん

漫才コンビ「世間知らズ」でツッコミを担当する

椎木(しいき) ゆうたさん

10月18日号

12/16家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク